スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

ゴールデンウィーク後半は友人と一緒に福島旅行でした。
天気には恵まれませんでしたが、全国的だったので仕方ないですね。
その条件の中では、結果的に本降りを避けて行動していたり、いい旅でした~。
福島の皆さま、本当にありがとう!
ブログでも、後で詳しく書ければいいんですが。

さて、
ニュースになりたいっ! 2 (白泉社レディースコミックス)とシルキー6月号が発売されました。
お手にとってくださったみなさま、どうもありがとうございます。
シルキーの方は予告であった通り、次号8月号が最終回でございます。
最初から3巻くらいで…と始まった連載ですが、終わりが近づいて来ると、いろいろ尺が足りなくて毎回うんうん悩んでおります。
次号はなんと88ページもいただいたので、後であれ描き忘れた!ってことがないように頑張らねばですね。

そしていよいよ明日、
屍活師 女王の法医学(4) (BE LOVE KC)発売でございます。
こちらもどうぞよろしくお願いします。
今日からアシスタントさんが入るので、また潜りがちになりそうですが、コミックスの内容とか、また合間を見てブログやツイッターに書きますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読みました♪

福島旅行のお話、もっとうかがえたら嬉しいです。
旅行で訪れられた先生だからこそ感じられたことを知りたいです。

「ニュースになりたいっ!」第2巻、読みました。シルキーでも読んでいましたが、単子本はまた違う感じがしていいです!
最終回、気になりますぅ~

今頃になってしまいましたが、シルキー6月号の感想です

5月2日、買う前に立ち読み。衝撃を受けて買わずに帰宅。
同月3日、買って帰るも、570ページで読めなくなる。
同月4日、通読するも、570ページ以降は斜め読み。
同月5日、やっとまともに読み通す。
同月6~13日、某ミステリー小説に逃避行。

予想はしていたのですが、花央の告白シーンがいたましく、なかなか読めませんでした。事態をクラッシュさせる前に然るべき人達へ相談して欲しかった。もちろんこれは、現実だった場合を想像してのことで、そのような展開ではドラマになりません。そのあたりはよく分かっていたはずなのですが、上記のような情けない結果に。
花央は「みんなに愛をもらったから、一歩踏み出してみよう。Angeじゃなくただの人間として、自分の足で。」と書き残していたのですから、次号の花央の成長した姿を楽しみにして待てばいいだけなのですが・・・・・・。

私は、ブログトップページのイラストが花央の歌手姿に更新された時、花央が報道系(カメラマンなど)へ向かうのか、ソロ歌手デビューに向かうのかを楽しもうと、勝手に思い込んでいたようです。申し訳ありません。

さて、樹元と花央の愛はどんな形に成就するのか、土屋彰宏は花央への想いにどうけじめを付けるのか、土屋彰宏と志水ゆかりのわだかまりは解けるのか、樹元のニュースキャスターへの夢はどうなるのか、花央のいなくなった新Angeはどんなグループになったのか、花央のファン達は花央を追い求めたのか新Angeに乗り替えたのか、その他諸々どんな形でまとまるのか、楽しみにお待ちいたします。

コメントありがとうございます

>ともさん
お返事するのが大変遅くなり申し訳ありません。
「ニュースになりたいっ!」最終回、何とか描き終わりました。
7月3日発売のシルキー8月号に載ります。
コミックス3巻(完結)の発売日に関しては、シルキー8月号が発売されてから、またブログ等に書きますね。

>占いマニアさん
お返事するのが大変遅くなり申し訳ありません。
それほどまでに思い入れてくださるなんて、ありがたいです。
花央のイラストは、古いのですが、実は山口百恵さんが引退するときに舞台上にマイクを置いた姿をイメージして描きました。
今、あらためてコメントを拝読して、「うーん、もう少し描き残した部分もあったのかも」という思いも少し。
でも、とにかく描けるだけは描きましたので、3日発売するシルキー8月号、読んでいただけたら嬉しいです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。