スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台空港に絵を飾ろう!

まんが家のとだ勝之先生に声をかけていただき、「仙台空港に絵を飾ろう!」という企画に参加させていただきました。
日本折り紙ヒコーキ協会会長・戸田拓夫さんが、仙台空港に巨大折り紙飛行機を展示する計画があり、そのまわりに「元気が出る大きな絵を飾りたい」と、とだ先生に依頼があったそうです。
そこで、「漫画家仲間みんなが描いた絵をたくさん飾ったほうが楽しいのでは?」と考えたとだ先生が声をかけてくださいました。
なんと描くのは、学校で何度も使ってきているあの模造紙!でございます。
久々に広げてみる。なんと懐かしい感覚よ。しかし…大きい…!
いきなり描くのは無謀なので、別の紙に下描き→透かして写すことに。
うふふ、こんな感じ。
窓にペタリ
窓に貼ってます。紙を継いでいるのがわかるでしょうか。
それぞれがA3かB4サイズ、それを絵がある部分だけ継いで…ええと、6枚かな。大きさ大体想像していただけたかと。
もちろん文明の利器?、トレース台なるものもありますが小さい(と言ってもA3サイズ)ので、一度に一部しか写せない。
描きながら修正加えたりは無理だわーというわけで原始的手法に立ち戻ることにしたわけです。
これ、子供の時やりませんでした? 腕がだるくなるのも含め懐かし楽しい。
そんなこんなで、途中は省略して…。こんなんなりました。
完成
しかし、大きい紙に大きい絵を描くのって、かなりスカッとします!
いろいろ発散できた気がして自分でびっくりしました。
イライラした時には、模造紙一枚買ってきて、絵でも字でもなんでも、バーッと一人で埋めてみるの、真面目にオススメです!
描いてる本人が自分でこんなに楽しんじゃっていいのかと思いますが、仙台空港からこの気持ちが伝わるといいな。
ステキな企画に参加させていただき、本当にありがとうございました。
私の絵はともかく、他の先生の絵、本当にステキです。(詳しくはとだ先生のブログで)
会場では、真ん中に巨大紙飛行機が…と想像すると更にワクワク。
展示時期は来月辺りからということですが、まだ正確には決まっていないようなので、わかり次第またここででも告知させていただきます。
仙台のお近くの方も、そして全然違う場所にお住まいの方も、ぜひ空から仙台空港を訪れて見ていただけたらと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵です……

なんというか、じんわり来ました。思いが伝わってくるかんじです。青空に、明るくて元気な紙飛行機が飛んでくといいなあと。ここは花央の前向きさがいいですね。
やはりすごいなあと思いました。

コメントありがとうございます!

>水無瀬早生さん
わ、そんな風に言っていただけて嬉しいです。
他のまんが家さんと同じテーマで描くって言う体験は多分初めてですが、みなさんの絵を拝見して、それぞれの色があって、でも同じ方に向かってる感じがあって、ステキな企画だなと思いました。
この企画、当初予定とちょっとまたちょっと違う感じに転がって、更に面白いことになりそうです。
わかっている範囲で、数日中にまたお知らせしますね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。