スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミゼラブル(4月18日夜)

遅ればせながら感想を。
18日の夜の部を観てきました。
主なキャストは以下の通りです。

ジャン・バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 岡幸二郎
エポニーヌ 新妻聖子
ファンテーヌ 井料瑠美
コゼット 剱持たまき
マリウス 藤岡正明
テナルディエ コング桑田
テナルディエの妻 田中利花
アンジョルラス 岸祐二
今回はとりあえず観るのは1回にしておこうと、取ったチケットがこれ。
取ったのはだいぶ前なので、バルジャン&ジャベール以外がどんなキャストか、すっかり忘れてました。
でも、当日、劇場でキャスト表を観て小躍りする私。
過去の私、ナイスジョブ!
この期に及んで、初見のキャストが二人もいました。
テナルディエの妻の田中利花さんと、アンジョルラスの岸祐二さん。
田中さんはともかく、岸さんは以前観たくてチケット取っていたのに、仕事が終わらず行けなかったので、今回がリベンジとなったわけです。
リベンジしただけのことはありました。
岸さん…、カーレンジャーのレッドさんと言えばピンと来る方もいらっしゃるでしょうか。
役は違いますが、熱いリーダー役がやはりぴったりです。
今回のアンジョルラスキャストの中で、役作り、歌、ルックス等トータルして、一番、アンジョルラスとしてバランスがとれてる気がしました。
(ほかのアンジョファンの方ごめんなさい。個人的好みは別にした感想なので)
田中さんはオーソドックスな感じでよかったです。
もう少しコミカルな役作りかな?と想像していたのですが、ちびコゼットへの態度など本気で怖くて。結構シリアス路線でした。
さて、山口バルジャンですが、ここのところ、台詞の一部としての歌という感じに、歌い方が変わってきています。
多少メロディが崩れても、ここは叫びのシーンだと思ったら、シャウトしながら歌うという感じですね。
確かに感情にダイレクトに訴えかけてきて、前以上に入り込んで聴いてしまうのですが…。
私個人としては、山口さんには曲を丁寧に歌って欲しい気持ちの方が強いんですよね。
うーん、すっごく好みが別れるところだと思うのですが。
単純に演技が変わってきたこともあるでしょうが、昔はバルジャン役の中で一番若かったのが、今は古株として若手を先導する立場になったということもあるかもしれません。
でも山口さんの一番の魅力はあの歌声だと思うので、そこは大事にしてほしいです~。ぜひぜひ。
岡ジャベールは本当に高潔でした。
特に「星よ」は抑えた中にもそういう感じが強く現れていて、前観たときより確実に深くなっている気がします。
「自殺」は結構、表現が派手でした。
この曲はバルジャンが序盤に改心する時の歌とメロディが同じで、対になっています。
もしかして、上記のように、山口バルジャンの表現が結構派手だったので、岡さんも応えてそんな風に歌ってるのかな?
山口バルジャン以外と組む時はどんな表現になるのか、観たかったです。
それにしても、自殺のシーンって、ジャベールの両サイドの髪の毛、しっかりと留めているものが途中でパラリと落ちるんですよね。
すごく効果的で好きなのですが、大抵、パラリは、ジャベールが手すりをまたいだ後。
それが、18日は、橋の上にいる時、歌っている途中でパラリと落ちて…。
(別にイレギュラーじゃなくて、ちゃんと計算でだと思うのです)
いつも正面俯き顔でしか見たことなかったパラリ。横顔もたまらんものがありました~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。