スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート

シルキー4月号が発売されました。
「ニュースになりたいっ!」の2話目が載っていますので、どうぞよろしくお願いします。

今日はミュージカル「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」を観てきました。
「オペラ座の怪人」とかで有名な作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー20歳の時の作品。
今回は日本初来日公演。その初日です。
内容は、旧約聖書の創世記から。
夢診断が出来る力を持つ青年ヨセフ。
12人兄弟の中で一人、父ヤコブに偏愛され、テクニカラーのコートを贈られる。
その上、兄弟の誰より出世するという夢を見たことを語り、嫉妬した兄たちに殺されかけ、奴隷としてエジプトに売られてしまう。
そのエジプトでは無実の罪で投獄されて、絶体絶命のヨセフ。
一体どうなる…?
聖書や神話系は極端な話が多いですよね。
ストーリーラインだけ追うと、すごく陰惨だし、誰にも感情移入できないし(笑)。
でも、この舞台は料理の仕方がすごくうまいんです! ホントに楽しい作品に仕上がってますよ!
元々学芸会用に作られた作品なので、作りのスタイルは子供向けです。舞台に立っているのも子供が多い。
でも、大人も子供とは違う楽しみ方ができる仕掛けが随所に! 家族連れにはホントにいいんじゃないかしら。
内容は、聖書が元なので、難しい解釈もいろいろあるのかもしれません。
結末に「えっ、これでいいの…?」と言う方もいるでしょう。
でも私はそんなのどうでもいい派です。「パーッと憂さはらせた!」
ヨセフのナンバーは何度も聴いてましたが、それ以外は初めて。
でも、どれも良かった! アンドリュー・ロイド=ウェバーの原点がいろいろ詰まってます。
日本では初演で知名度低そうな作品ですが、ホント、オススメなのです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。