スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍活師 ー女王の法医学ー(1)発売です!

おかげさまで、本日、コミックス新刊が発売されました。

屍活師 女王の法医学(1) (Be・Loveコミックス)屍活師 女王の法医学(1) (Be・Loveコミックス)
(2010/09/13)
杜野 亜希

商品詳細を見る

収録されているのは、本編4本と、巻末描き下ろしマンガ5ページです。
描き下ろしマンガは、杜野が何で「法医学ミステリー」などという大それたものに挑んでしまったか…という話。一見、固そうですが、ゆるゆるの内容です。

初めての白泉社以外からのコミックスで、もうドキドキですよ。
自分でめくってみても、いろいろ感じが違って新鮮です。
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

買いました(ネタバレ)

雑誌でも読んでいたのですが、通してみるとまた印象が違いますね。
先生が以前書いてらしたように、表紙と、第1話扉で少し変えて書かれてるんですね。主線も髪も中に着ているシャツの形も。

あとがきも興味深かったです。
先生ご自身のお話は、故郷のお話は何度か拝見していますが
理系世界のお話はあまり拝見したことがなかったような・・・。
こんなご経験から、「屍活師」が生まれているんですね。興味深かったです。
(あと、自分自身理系なので、懐かしい雰囲気に共感したり・・・)

巻末の2巻予告もびっくりしました。春にはもう2巻ですか!
ファンとしては大変嬉しいですが、お体もお大事にしてください。
インパクトある予告で、白泉社の御本とちょっと違っててドキドキしました。

(ところで、購入してすぐコメント書いたのですが、うちのパソコンがバグって消えてしまったので再投稿です。
もしちゃんと消えていなくて二重投稿になってしまっていたら削除してください。申し訳ありません。)

買いました~

「屍活師1」きょう本屋さんへ受け取りに行ってすぐ読みました。て、照れる所がなくてよかった~…、じゃなくて、久々に「神林&キリカシリーズ」の科学的推理ものが読めてドキドキわくわくしました。
フィクションでも、法医学の先生って探偵みたいでかっこいいですね。
あとがきには失礼だけど笑っちゃいました。なんでこんな方が主人公に。でもユキさんって魅力的です。ずぼらなホームズみたい。
白衣で原チャリ通学なさってたんですか。(笑い) 某H大獣医学部の学生にも似た連中がいましたね。僕は理系でも物理系だったので医学や化学はよくわかりませんけど、「屍活師」はそこの辺りもすごくわかりやすく描かれていて面白かったです。しっかり勉強されて、今回も取材を重ねられたのでしょうね。
殺し殺される人間関係に複雑な思いがします。
次の巻も楽しみにしています。

待ちきれず

発売日の昼休みに買いにいきました! 表紙、カッコいいです……! 途中加入のキャラも今後どう絡んで行くのか楽しみです。
先生が薬学部出身なのは存じあげていましたが医学部の授業も受けられていたんですね。
そしてユキの食べているお菓子の味に大注目です(笑)。
もう少しまとまってから書き込みさせていただこうと思ったんですが、ウェブ拍手管理画面の広告部分に「屍活師」が出てきたので、お知らせを、と。

やっと買えました

職場と近所の本屋を4軒ほど探し、やっと購入できました。
面白かったです。2巻の予告があったのも嬉しいですね。
ただ、ページ数を見るともう一話くらい入ってもいいんじゃないかなーと思いました。(もちろんおまけページも楽しいし、その分早く1巻が出たのだと思えばいいんですが)
とにかく屍活師の今後の展開&新作等を楽しみにしております。

お返事するのが遅くなってすみません

>sunaさん
コメントありがとうございます。
それも、2回も書いてくださったとは! 
私はしょっちゅうやってしまうのですが、そのままふて寝で終わりというパターンなので、再投稿までしてくださって本当にありがたいです。
それなのに、お返事するのが遅くなってすみません。
カバーの違い、気づいてくださって嬉しいです!
デザイナーさんが1回目の扉を気に入ってくださったのですが、そのままではちょっと使えそうになかったので、「白い雪に消え入るようなイメージで」という更なるリクエストの元に、新たに描き直しました。
理系…といっても、私はあまり理系頭ではないので、あまり大声で言えないんですよ。
sunaさんのお話もぜひ聞かせてください~。

>まーさん
コメントありがとうございます。そしてお返事遅くなりすみません。
原チャリ通学していました~。
(4年の時に原チャリが盗まれてしまい、それ以後は電車通学でしたが)
2号線をひた走り、広島の街中をつっきって…というルートだったので、焦げだらけの白衣でまーさんとも遭遇しているかも?(笑)
話毎ににわか勉強で四苦八苦しています。でもなんとか頑張ります~。
物理系で面白いネタとかありましたら、こっそり教えてくださいませ。

>水無瀬早生さん
コメントありがとうございます。お返事するのが遅くなってしまいすみません。
医学部の授業といっても、医学過程の生徒とは別の授業なので、そんなに専門的ではなく、その空気をちょっと感じることが出来た…という感じです。でも、貴重な体験でした。
ユキの悪食は「誰かが気づいてつっこんでくれれば…」なんて思っていたのですが、読んでくださった方ほぼ全員がつっこんでくださるので、「皆さんこんな隅まで読んでくださってる~」と嬉しくなってます。
アイディアも常時募集中なので、「これは食べたくないっ」というものがふと頭をよぎったら、杜野までぜひお知らせください。

>よっしーさん
コメントありがとうございます。
本屋を何軒も探していただいてすみません。
ページ数は176ページというのが講談社のあのレーベルのデフォルトのようです。
白泉社は192ページなので、較べるとちょっと薄い感じがしてしまうかもしれません。 申し訳ありません。
どちらにしろ、ミステリー的な要素を入れると、1本最低40ページくらいになってしまうので、一番たくさん収録しても4本くらいが限界な気はします。
物足りない感を、内容で埋められるよう頑張ります~。
今後もよろしくお願いします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。