スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探しているとみつからない

この間の「デパートの女神」の仕事の時、資料として、ものすごく見直したかった映画がありました。
でも、うちにあるはずのDVDがどうしてもみつからない。
仕方がないのであきらめ、そのままなんとか仕事を終えました。

そのDVDを今日になって発見! そんなものですよね…(笑)。
気になっていたのでつい再生を始めたらやめられずに最後まで観てしまいました。
うーん、人を惹きつけるこのパワー、すごいよ。
映画のタイトル描くと、マンガの内容が簡単に想像できる気がするので、シルキー発売日までは控えておきますが…、
今回観て、おお!と思ったこと。映画中で一番の悪役をリチャード・チェンバレン氏が演じていたんだわー。
リチャード・チェンバレンといえば、日本では「SHOGUN」の按針さんでしょうか。
私もそのイメージが強いのですが、もう一つ、子供の頃に実写の映画「シンデレラ」というのを観まして、その王子様役が彼だったんですよ。
みんなが知っているシンデレラのハッピーエンドストーリーの後、身分違いのシンデレラが王宮で形見の狭い思いをして王子と別れようとしたり…とか、妙に現実的な続きまで描いた映画だったと記憶しています。
この王子が、長身ですごく格好よかった!
行方不明のシンデレラ-デパートの女神 (白泉社レディースコミックス)で、王子姿?のクロを描き下ろしたりしたのですが、自分の中ではすっかり、このリチャード・チェンバレン氏のイメージでした。
ということで、一方的にですが、結構「デパートの女神」とご縁がある、と言えなくもない…かも?
今回の映画の役は、クロと重なるとまずいですけどね。
(印象に残る役だけど、すごく嫌な役なので、リチャード・チェンバレン氏も受けるのに決心がいったのではないかと思います)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。