スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行方不明のシンデレラ―デパートの女神―本日発売されました!

おかげさまでコミックスが本日発売と相成りました!
行方不明のシンデレラ-デパートの女神 (白泉社レディースコミックス)行方不明のシンデレラ-デパートの女神 (白泉社レディースコミックス)
(2010/04/30)
杜野 亜希

商品詳細を見る

よろしくお願いします~。
内容に関しては、下の記事をご覧くださいね。

ところで、コミックスのタイトルが、「デパートの女神」2巻でなくて、不思議に思っている方も多いのではと思います。
そちろん、そうすることが、私の希望でした。
でも、今、全国の書店さんに1冊目の在庫があるような状態ではないので、2巻表示だとかえって新しい読者さんが手に取りにくくなる…等々、販売の判断がありまして。
そのあたり、私も納得しかねるところもあり、結構話し合ったのですが、とにかくまず本を出す!ということを一番に考えて、結果的には了承しました。
(あ、ケンカしたとかではないのでご心配なく。仕事なので、お互い言うべきことは言わなきゃです)
ただ、本をひらけば、どう見ても前の巻の流れを引きずっているので、単巻と思って買っていただいた方には申し訳ないのです。
そして、逆に流れを追って買い集めようとしてくださっている方にとっては、カバーにシリーズの順番の表記がないのは、本当に困ることだと思います。
なので、初めての読者さんに対しては、マンガが始まる前に人物等の紹介ページを入れてもらうことを編集さんにお願いしました。
幸い、いい感じにまとめてもらい、気に入っています。
そして、続けて集めようとしてくださっている読者さんへの対応としては…、
「活字で入れてもらえないなら自分で入れるしかないだろ!」と、こっそり、堂々と、ナンバリングを仕込んでおります(笑)。
よかったら、実物で、杜野のくだらない意地を確認してやってください。
こんな対症療法的なことしか出来ない自分の力不足が本当に申し訳ないのですが……。

発売に合わせて、サイトのトップ画像もかえてみました。
コミックスとは背景が違うバージョンです。
背景が暗いので、クロの服をかなり明るめにしてますが、原画はきっぱり黒スーツです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

買いました(ネタバレ)

「行方不明のシンデレラ」買いました!
成程、こんなナンバリングなんですね(笑)
作品で「何を書くか」だけでなく、
人物紹介をいれることとか、「読者から見てどんな情報が書かれいて欲しいか」まで大変気を配ってくださってるのがありがたいです。
(いえ、私はコミックスみんな持ってますが!)

作中に出てくる某薬の話は、農業関係の仕事をしている友人に話したら大変受けました。農薬に同じ成分を含むものがあって、それを扱った日は飲み会に行けないそうです(笑)。

先生の作品はいつも、構成がすごくしっかりきれいに組み上げられていてほれぼれするのですが、特に表題作は感嘆しました。
あちこちで伏線がきれいにつながってて、おぉ~!と。
最後に出てくる靴は、パンプスやミュールでなく歩くのに優しいことを優先されたようなデザインで、作り手の履き手への思いやりを感じたのが印象的でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新刊コーナーで買いました(ちょっとネタばれ)

新刊、神戸三宮の大型書店で購入しました。新刊コーナーで表紙を見せてどどーんと置いてありました。
モノテルペンネタ、ゼラニウムと薔薇の共通成分であるというのはともかく、「口が腫れてしまう」なんて先生にしてはアダルトな話になさったのは驚きました。
今回のコミックスでは、紅さん以外の人が殴るシーンが2回も出てきますね。これも今までにはない傾向ですね。

連続ごめんなさい

先生のナンバリングに込めた意地、しかと確認いたしました。このお気持ちのまま頑張っていかれたら、きっとナンバリングも復活することがあると、私はそう信じています。でも、ナンバリングなくても先生のファンならコミックスの発売順を覚えてたりしますから大丈夫ですよ。

コメントありがとうございます!

たくさんコメントありがとうございます。
お返事するのが遅くなってすみません。

>sunaさん
ありがとうございます!
農薬に関しては、描くときにこの薬のことを調べて知識としては読んだのですが、実際にそういうお話を聞くと急にリアルに迫ってきます。
私はもうネタを使ってしまったので、しばらく無理ですが(笑)、農業を舞台に何か面白い話が出来そう…!
靴の話、楽しんでいただけて嬉しいです。
下取りが出てくる話をずっと描きたかったのですが、どういう風に料理するか、ずっと迷っていました。
なんとか話が出来上がってよかったです。

>Mさん
ありがとうございます!
1冊目の100ページの話以来、シロは、ある意味、素直になったようです。
彼はああいう物の名前をいちいち知っている方ではないと思うので、「技」を使う前に、多分頑張って調べたんだろうな…とか、想像するのが、わがキャラながら楽しいです。
(手前みそな感じですみません)
ナンバリングは、紅のポーズまでは意識していませんでした。
言われてみたら確かにそんな感じですね!
3冊目以降が出たら、もちろん続けたいです。

>広島人さん
コメントたくさんありがとうございます!
新刊コーナーに置いてくださってるの、ありがたいです。
本屋にないと寂しいのですが、大型書店で高い平積みを見ると、不安でたまらなくなり、一番上の子を我が家に連れ帰ってしまう私です。
モノテルペンって懐かしい響き…。
ア、アダルトでした?(てれっ)
感覚が想像できるので、ちょっと生々しいかもですね。
「殴る」という縛りはデパートの女神になってからなくしたはずなのに、か、描いちゃってたんですね。
考えてみたら1冊目にもある…!
ご指摘いただくまで自分で意識していませんでした。
そんなに読んでいただいて嬉しいです。
ナンバリングも確認ありがとうございます。
頑張ろうという気になれました。

キスシーンにやっぱり照れます

盗むキスにお礼(以上の気持ちも?)のキス、安心させるためのキス、び、媚薬のキス!?、シンデレラへのキス…、やっぱり照れる~。
おばあさんが匂い袋を靴に入れていたのには、いくつになられても女性らしいな、とほっこりしました。
好きなページは、扉の紅とクロ! 二人してお屋敷の雑用係みたい。似合ってます!!

Amazonで早めに注文していたせいか、発売後すぐに届きました。

>Mさん(上のMさんとは違う方です)

コメントありがとうございます。
そして、コミックス読んでくださってありがとうございます。
ぎゃー、1冊目の時に続いて羞恥プレイを~。
多分、Mさん以上に、作者が恥ずかしがっております。
匂い袋は、私もそれっぽいの持っていて今回参考にしたのですが、その時まで存在を忘れていました。
うーむ。頑張って作中のおばあさんのようになりたいものです。
扉は今回描き下ろしたので、よけい、気に入っていただけて嬉しいです。
王子クロとシンデレラ紅なので、本当はクロは雑用係に見えてはいけないのですが、
原稿を渡すときからして。
「どうも王子にならなくて…」
「うん、そうだねー」
と担当さんと話していました。
せめて前が見えれば、これで結構、レースビラビラの服を着ているんですが。(笑)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。