スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたづけられない女

マンションの火災報知設備の点検があるので、数日前から掃除が大変でした。
ほんの数分で終わるんですけど、全部の部屋に入って、押し入れやクロゼットの中まで開けてみるからなあ。
いつものパターン「とにかく見えない所に押しこんどけ!」というわけにはいかない。
午後に業者の人が2人来て、点検終了。
恥ずかしい時間がやっと済んだわとホッと一息ついていたら、、一時間後、ピンポーンという音が。さっききたはずのお兄さん2人が玄関に立っていました。
「火災報知設備の点検に来ました」
「えっ、さっき来ましたよね?」
「あれ? そうでした? すみません、部屋のチェック間違えたみたいで」
こっちは結構緊張しているのに、あっちからすると、その程度のことなんですよね。
「まあ、印象に残るほど汚い部屋でもなかったんだ」とホッとしつつも、ちょっとがっかりしたり。複雑です。
ああいう仕事の人は、いろいろなものを見てきているんだろうなあ。
ちょっと話を聞いてみたいですね。

せっかく押し入れまわりがスッキリしたので、引っ越しのときのまま開けていない箱とか開けて、いらない物は捨てたいところです。
どっちかというと、逆に、「お宝発見!」てことになりそうで、怖くもありますが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

火災報知器

年に一度の点検ですよね。
火災報知器の付いている所全部なので大変ですよね。
クローゼットの整理が大変です。

>ちぃさん

コメントありがとうございます。
お返事するのが遅くなってすみません。
そう、クローゼットの中が問題ですよね。
仕事がちょっと一段落しそうなので、そろそろ宝探し…じゃない、クローゼットの奥にあるものを確認して、できるだけ捨てようと思います。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。