スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume

Perfumeのライブビデオを観ながら仕事の一日。
Perfumeは、聴いてて入り込みすぎずそれでいてテンションあげてくれるので、仕事中に流すのにちょうどいい感じです。
しかし、MCがベタベタの広島弁で笑ってしまいました。
彼女らがしゃべってると広島弁も可愛い気がするんだけど(笑)。
特に、私が見ていてときめくのは、のっちです。
あの足とかつい目がいってしまう。
ほんま、可愛いですのお。(可愛くない広島弁の例)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
Perfumeは可愛くて、歌も聴きやすくていいですね。(頭の中でずっと歌が続いてしまいます)
広島弁といえば、中島京子さん作「ハブテトル ハブテトラン」は読まれましたか?
広島弁というより備後弁なので、先生にはわかりにくいでしょうか?
なかなか楽しく読めましたよ。よかったら、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
(お忙しいので、無理かな…)
ルナへプリントップを食べに行きたくなりますよ(^^♪

コメントありがとうございます

>まあさん
まあさんオススメの「ハブテトル ハブテトラン」、今まで知らなくて、チェックしてみました。
面白そう! 機会があったら読んでみますね。
教えてくださってありがとうございます。
備後弁は確かに広島弁と微妙に違いますよね。
実は私、物語の舞台の福山市生まれなのですが、そのころの覚えはあまりなくて(笑)。
「ハブテトル ハブテトラン」、一瞬、恐竜の名前?とか思いましたが、あらためて音読したら、私も普通に使ってる方言でした。
実際の意味合いより、ちょっと可愛い感じのニュアンスがあって、いいですよね~。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。