スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢1日目

金沢・能登半島方面に行ってきました。
金沢は2度目です。前に行ったのは「碧のミレニアム」をやっていた時なので、2001年かな?

東京から新幹線Maxときと特急はくたかを乗り継いで金沢駅に到着。
金沢駅
金沢駅の東口。
巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」は2005年に作られたそうで初めて見ますが、和と洋の組み合わせ、直線と曲線の重なり合い、かっこいいです!
とても描きたくない建物ではありますが(笑)。
写真で、ステージと席がセットされているのは、ちょうど、4月28日~5月4日のGW中、開催されているラ・フォル・ジュルネ金沢『熱狂の日』音楽祭2009というクラシック音楽のイベント用のものです。
ここだけではなく駅周辺にはステージがいくつもあって、旅行中は金沢駅に寄る度に、どこからかきれいな音が聴こえてきていました。
駅からもう文化都市という感じです。
100円バスで今夜の宿がある香林坊に移動。

宿に荷物を預けて、まずは長町武家屋敷跡周辺を散策です。
長町武家屋敷跡周辺
雨が降っているわけでもないのに、用水路の水量と流れる早さがすごくてびっくり!
いつもこんななんでしょうか?
武家屋敷跡野村家に入って、ステキなお庭や襖絵を見てまったりと。
新緑がキラキラ光ってきれいです~。
他に高田家跡や足軽資料館をまわって、ホテルに戻りました。
後から到着組の友人達と合流して、本格的な旅のスタートです。

Rさんが予約してくれていた寺町の料亭金茶寮でランチ。
食事に来た組毎に別の離れに案内してくれます。またこの離れから見えるお庭がステキ。
もちろん食事も…!
金茶寮
これはメニューの一つ・盛り合わせですけど、もう見てるだけで嬉しくなってくる。
そら豆の蛙とかお芋の蝶とか。そのまま加賀友禅みたい。
食べるのに勇気がいりました。(もちろんきれいに食べたけども!)
お酒も飲んでデザートまで完食! たまにですがこんな贅沢は幸せですね~。
そういえば、天ぷらで山菜のコシアブラの芽っていうのを初めて食べました。
薬用植物でもあるようだけど、知らなかったなあ。

そこから犀川沿いを歩いて、妙立寺へ。
妙立寺(忍者寺)
ここは2度目。
前に来た時のことも結構覚えていましたが、拝観に来た人々のやりくりに更に磨きがかかったような。
GWですごい人だったのに、あの狭いところで、他の組とぶつかることもなく、スムーズかつゆっくり楽しく拝観できるのはすごいと思います。
内容は百聞は一見にしかず!な感じ。金沢に行かれる方にはホントおすすめです。(要予約です)

そこからは、九谷焼のお店など流しつつ、またてくてく歩いて金沢21世紀美術館へ。
2004年に開館した現代アートの美術館、恒久展示の「スイミング・プール」という作品などが有名です。
(このプール、実際に見たら、やっぱりかなり面白かった!)
今やっている展覧会は「愛についての100の物語」というタイトル。
たくさんのアーティストさんが、立体や映像…、様々な形で様々な物語を紡いでいます。
金沢市在住の漫画家、坂田靖子先生なども参加していらっしゃいます。
でも、私は友人が教えてくれなかったらうっかりスルーしてしまうところでした。
トイレの前に休憩用?と思われるイスがあって、なんとそのイスと近くの壁に坂田さんの作品が! 今から行かれる方はお見逃しないよう!
そして驚くべきはその前の女性用トイレです。ここにも坂田さんの作品の続きがありました。トイレには鏡があるので、また不思議な効果を醸し出していて面白いのです!
行かれた方はぜひ、必要に迫られてなくても(笑)このトイレに入ってみてくださいね。
(坂田先生の作品に関しては、坂田先生のサイトの「チルド保存箱」4月20日のところなどを読んでみても面白いかと)
実は向かいの男性用トイレにも、別の作家さんの作品がありました。
こんな感じで、この美術館の展示、かなりフリーダムで遊び要素満載です。
廊下に段ボールが無造作に置かれていて、設営の残りか備品かなと思って通り過ぎようとしたら、それが立派な作品だったり(笑)。
油断していたら大事な物を見逃すかも。(私も見逃したのかも?)
無料ゾーンだけでも、結構楽しめそうです。この迷路とか↓
塩の迷路
「長期インスタレーションルーム」にある山本基さんの作品。
なんとこの白いラインは塩を盛って作られています。
うっかりつまずいて恐ろしいことにならないよう、見る方も緊張感いっぱいですよ。
所々に空いている灰色の空間は、床のコンクリがむき出しになっている部分。
この迷路、まだ作成途中だそうで、タイミングがよければ制作風景も見られるようです。
(山本さんの公式サイトに制作の様子の動画がアップされていて、「うひゃー」「ほおおー」と一人で謎の感嘆の声をあげながら見てしまいました)
今回は時間もあって、金沢21世紀美術館は、さらっと見た感じですが、一日、この辺で時間つぶすのも幸せだと思いました。
そのあとは、あぶり焼きのお店で夕ご飯。うま~!
一日目から濃厚に楽しんだ感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。