スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜉蝣峠

いのうえ歌舞伎・壊<Punk>「蜉蝣峠」を観てきました。
<作> 宮藤官九郎
<演出> いのうえひでのり
<出演> 古田新太 堤真一 高岡早紀
     勝地涼 木村了・梶原善・粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん 他
開演ギリギリに劇場到着。なんとか間に合ってよかった。
でも、おかげで1幕は配役を細かく確認することも、オペラグラスをセッティングする余裕もないまま観ることになりました。
で、休憩時間にいろいろチェックしてびっくり。
ええっ、1幕冒頭に出てくる軍鶏(シャモリさん)て彼だったの?
で、子供時代のお泪ちゃんがあの人だった?!
それならそう思って観たかったのに!
やっぱり余裕がないのはあかんですね。
……と猛省してたら、シャモリさんには、2幕でもう一度会えました。
ありがとうございます~。

脚本はクドカンさん。
しっかり新感線のテイストもありつつ、新感線に縛られてる感はなく、のびのびクドカンぽくもあり。
やっぱりクドカンさんは空気を読むのが上手い人だなあと思いました。
一見、彼と合わなさそうな言葉ですが、本当にプロフェッショナルですよね。
話自体は、ギャグをはさみつつも結構シリアスです。
新感線でもよくグロ系っぽいノリはありますが、このお芝居では微妙にもっと生々しい感があるので、好みが別れるかもしれません。
とにかくパワフル。タイプの違う二人のダークヒーローが魅力的!
ただ、私は最後の闇太郎のセリフが、ちょっとしっくりきませんでした。
ストーリー的には、このシーンで闇太郎の過去と今がきれいに繋がるんですよね。
ミステリーの作りとしてもこれでオッケー!と理屈ではわかるのですが、なんとなく感情的についていかなかった。
多分、私は女だからでしょうか、自然と蜉蝣峠にいるお泪の気持ちになっていたのかも。
闇太郎が主人公なので、私の見方の方が邪道なんですけど、そういうこともあるんだなーと自分で面白かった出来事でした。
メインストーリーとは全く関係ないところですが、橋本じゅんさん、逆木圭一郎さん、インディ高橋さんの3人による、どっかで見たようなテクノポップユニットは一見の価値有り!です。
インディさんのダンスがそっくりで、ツボにはまりまくりでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。