スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」を観てきました。
有名なミュージカル「コーラスライン」2006年再演時のオーディション風景をおいかけたドキュメンタリー映画です。
本当に面白かった!
映画や舞台で「コーラスライン」を観たことがある人には絶対観て損なし!
観たことがない人もドキュメンタリーとして楽しめると思います。
どちらにしろ、この映画を観た後、「コーラスライン」を観たくなるのは間違いないでしょう。

1975年初演の「コーラスライン」そのものがバックダンサーのオーディションを描いたバックステージもの。
演出家マイケル・ベネットがダンサー22名を集め12時間にも及ぶインタビューをして創り出しました。
物語の中でダンスや歌と共にダンサーの内面が赤裸々にさらけ出されます。
その舞台のオーディションですから、役と役者本人の対比がよけい見応えがあって、ひきこまれました。
また、映画各所に挿入される、元ネタのインタビューテープの音声、初演時の舞台の映像、オリジナルキャスト・スタッフの現在の作品への想いなども興味深いです。
オーディションにどんな役者がいたかとか、結果は、実際映画で観るのが一番だと思うので、ここではなるべく書かないようにします。
でも、中でも、ポール役のオーディションは特によかった!
なんか、そのシーンでは、オーディション審査員と今回の映画観てる観客(私)の反応が一緒で驚きました。審査員はそのシーン、もう見飽きてると言ってもいいはずなのに。
あと、日本人としては、沖縄出身の高良結香さんがオーディションを受けているのが気になるところ。彼女がどうなるのかも見所だと思います。
オーディションそのものとは関係ないけど、映画内で紹介された「『コーラスライン』の中でラストに合格するメンバーが、当初は現在とは違う人物だった」というエピソードにびっくりしました。
不合格だった某重要メンバーを、合格するというストーリーに変更して初めて、「コーラスライン」は今のようにヒットしたのだとか。すごく納得です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。