スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OLにっぽん

「ミュージカル界のプリンス」(笑)こと井上芳雄くんが出るということもあって、「OLにっぽん」を毎週観ています。
特に期待もしていなかったのだけど(ごめんなさい)、ドラマとしてなかなか楽しませてくれて、仮に井上くんが出なくなっても、最後まで見続けると思います。
最初におおっと思ったのは、一話で観月ありさ演じる自他共に認めるできるOLが、中国から派遣されてきた少女が職場に残れるかどうかを賭けた勝負で負けてしまったシーン。
実力を出し切って仕事のスキルで負けたのに、相手の少女に「私達をわざと勝たせてくれたんですね。ありがとうございます」と、嫌みでなく本気で言われ、そうじゃないのとも言えず、一人で帰る道で後から後から涙が出てきて止まらなくなってしまうところで、かなりやられてしまった気がします。
ここのモノローグ、「子供の時は悔しくてよく泣いたのに、大人になってこんな気持ちになるのは初めてだ」というのがまたいいなーと。
そう言っておいてまた井上くんの話に戻るのですが(笑)、今日の放送分、井上くんがかなりメインの回でした。
私の大好きな「見果てぬ夢」を1番まるまる歌ってくれて、ちょっとびっくり。
「見果てぬ夢」はミュージカル「ラマンチャの男」の劇中劇で、セルバンテス演じる老人ドン・キホーテが歌うナンバー。
9月半ばに井上くんの出演するコンサートに行ったとき、この「見果てぬ夢」を歌ってくれて、嬉しいもののちょっとびっくりしたのでした。本来は井上くんのような若い人の歌じゃないから。
その選曲、このドラマと繋がっていたんですね。
今日のドラマは、「見果てぬ夢」で歌われる世界としっかりとシンクロした内容でした。
あまりに真正面勝負なので、人によっては空気に耐えられず笑ってしまうかもなあと思いつつ、私は思い切りやられました。
やっぱり「見果てぬ夢」はいいなあ。
前振りで阿部サダヲさんがこの歌を歌うシーンがあって、歌い方が松本幸四郎さん風だったのも楽しかったです。
そして、井上くん演じる都留くんは、今まで便利な説明係、ストーリー面では空気だったのですが、今回から本格的にメインストーリー参戦かも。
正直、ここまでは期待していなかったので、楽しみが増えます。どんどんやって~!

今日は映画を観ました。そっちの感想は明日にでも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。