スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月納涼大歌舞伎 第三部

ここ数日雨続きです。
歌舞伎座

歌舞伎座の夜の公演に行ってきました。

一、新歌舞伎十八番の内 紅葉狩(もみじがり)

     更科姫実は戸隠山の鬼女:中村勘太郎
              山神:坂東巳之助
           従者右源太:市川高麗蔵
           同 左源太:片岡亀蔵
            侍女野菊:中村鶴松
            腰元岩橋:片岡市蔵
             局田毎:市村家橘
         余吾将軍平維茂:中村橋之助

二、野田版 愛陀姫(あいだひめ)

              濃姫:中村勘三郎
             愛陀姫:中村七之助
        木村駄目助左衛門:中村橋之助
          鈴木主水之助:中村勘太郎
              高橋:尾上松也
           多々木斬蔵:片岡亀蔵
            斎藤道三:坂東彌十郎
           祈祷師荏原:中村扇雀
           同  細毛:中村福助
            織田信秀:坂東三津五郎

「愛陀姫」は、オペラ「アイーダ」を、野田秀樹が歌舞伎に翻案した作品。
「野田版 愛陀姫」目当てで行って、「紅葉狩」は全然前知識なしに観たのですが、これが意外と(失礼)面白かったです。
物語は単純で、紅葉狩に出かけた平維茂が、そこできれいなお姫様御一行と会って、宴席に呼ばれるが、実はお姫様は人食い鬼。正体を現した鬼に食われそうになるが、維茂は見事、鬼を成敗した……という舞踊劇です。
私の中では中村屋のお姫様っていうと、線の細い七之助のイメージの方が強くて、勘太郎の女形も何度か観たことはあるんですが、お姫様で観るのはもしかして初めてかも。
なかなかこれが清楚で品があって素敵でした。
しかもこれが、踊りの中で、どんどんやばい感じに変貌していくんです。(鬼に変化する)
二枚扇を使った踊りの振付自体も見応えがあったし、トータルですごくよかったなあ。

「野田版 愛陀姫」は、意外と元オペラに忠実でシリアス寄りな作品でした。
斎藤道三の娘・濃姫がアムネリス、織田信秀の娘・愛陀姫がアイーダ、木村駄目助左衛門がラメダスにあたります。
筋書(パンフ)に、最初、別の役をやるつもりだった勘三郎が、台本を読んで濃姫をやりたくなったとあったけど、それわかりますね。一番面白い役だと思う。
嫉妬が元でみんなを(自分さえ)破滅に追いやる役なんだけど、この人の哀しいのは、そんな自分を結構客観的に分析できているところ。「あたしは悪くない、こうなったのはみんなのせい」とか浸れればそれはそれで楽なのに、この人は自分が悪かったとわかってしまう。
いろんな工作も結構政治的だし、元々理知的なタイプっぽいので、よけいつらいです。
ラストシーンは主役カップルより、濃姫の方が印象に残りました。
(いや、七之助の愛陀姫はもちろんめっちゃ美しいです!)
野田さんらしさが一番出ているのは、上記の三角関係云々よりは、祈祷師の男・荏原(えばら)と女・細毛(ほそけ)の存在でしょう。(はは、既に名前がやばい……)
特に中村福助演じる細毛! その身に霊を憑依させることによるお告げと称して、でまかせ占いを繰り返し、皆が気づかぬうちに権力を握っていく恐ろしい役ですが、憑依してるのは野田秀樹本人だろう!と思わず突っ込みたくなる怪演でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。