スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ

昨日は、取材で赤坂サカスに行ったとかゆーわけではなく、もちろん(?)お芝居を観に行っていたのでした。
赤坂ACTシアターのこけら落とし公演「かもめ」です。
かもめ

<作>アントン・チェーホフ
<演出>栗山民也
<出演>
トレープレフ:藤原竜也
トリゴーリン:鹿賀丈史
アルカージナ:麻実れい
ニーナ:美波
マーシャ:小島聖
ドールン:中嶋しゅう
シャムラーエフ:藤木孝
ポリーナ:藤田弓子
メドベジェンコ:たかお鷹
ソーリン:勝部演之 ほか

<あらすじ>
作家志望の青年トレープレフは、母の兄ソーリンの田舎屋敷に住んでいる。
彼の母親は大舞台女優アルカージナ。
彼女がモスクワから連れてきた愛人は著名作家トリゴーリンだった。
トレープレフは、女優を夢見る地主の娘ニーナ主演で、前衛劇を上演するのだが、母らはその劇を茶化すばかり。
愛するニーナにさえ「あなたの物話の登場人間は生きていない」と言われ、ショックを受けるトレープレフ。
医者のドールンだけはトレープレフの才能を評価し励ますが、ニーナは有名なトリゴーリンに惹かれていく。
そんな時、アルカージナはトリゴーリンと共にモスクワへ帰ることに。
女優としての名声と成功を夢みたニーナは、自殺未遂騒ぎを起こすほど傷ついたトレープレフを残し、トリゴーリンを追って田舎を出て行ってしまう。
2年後、作家としてデビューしたトレープレフの住む田舎屋敷に、アルカージナとトリゴーリンが戻ってくる。
そして、ニーナは……。
「かもめ」は、昔、別キャストで、観たことがあります。
全体的に「古典劇なんだなー」という自分の中での少しの距離感と、「トレープレフってちょっと繊細で弱すぎるんじゃない?」というイメージが強く残っていました。
そんなこともあって、今回はお芝居そのものというより、役者さん目当てで行ったのですが、実際、観終わった感想は前と全然違っていました。
古典劇なんてとんでもない。おもいっきり現代的なテーマじゃないですか。
役者さんがそんなに違ったのかというと、まあもちろん人が違うので演じ方も違うし舞台そのものの演出も違うのですが、以前観たのもとても好きな役者さん達なんですよ。
どちらかというと「違う」と思った原因は、私自身にありそうです。
よくも悪くも、前に観たときより年を取ったということなのかな。
観る人のその時の状況によって、いろいろな感情移入の仕方や受け止め方ができる話だと思います。
今回は観ていて、登場人物がみんな違う立場にいるけれど、それぞれが孤独で、そして愛する人から「あなたは自分にとって特別だ」と抱きしめて欲しがっているのを痛いほど感じました。それがイコール自分の存在意義にもなるというか…。
なのに、お互い理解できず、すべてが一方通行の哀しさ。
たとえ両思いでも、相手が自分が欲しいベクトルで欲しがってはくれていない。
一番好き放題にやっているように見えるアルカージナでさえ満ち足りていないのですよね。
それでも、登場する女性達は皆、なんだかんだ「生きる」ということに関してはふてぶてしいのはすごいなあと思いました。
最初から最後まで「自分は不幸だ」と思い続けているに違いないマーシャだって、客観的に見ると相当たくましい。
実際、女性が強いのか、男性であるチェーホフから見た印象がこめられているのか、よくわかりませんが(笑)。
男性の方が「弱い自分を見せない」という妙な矜持があるせいか、いきなりガックリきてしまうような気もしますね。
でも、今回はトレープレフが過剰に感じやすい人とは思いませんでした。
むしろ現代人は誰でもトレープレフになる可能性があるかも。
トレープレフ以上に、今回、心配になったのが、ソーリンです。
幕が降りた後を想像すると、彼が一番つらいんではないかという気がしています。

役者さんに関しては、藤原くん、鹿賀さんなどなどに関してはたくさんの人が書いていらっしゃるでしょうから割愛させていただいて。
個人的に、美波ちゃんにすごく惹かれました。
このメンツの中で負けてない。すごいです。
舞台上の彼女からは、いつも、本気!のパワーを感じますね。
可愛いけど野心家でもあるニーナは、特にトレープレフに感情移入して見てる観客からすると、愛されキャラになりにくい面もあるのですが、美波ちゃんキラキラしていて、まあ仕方なかろう…と。
やっぱり女の方が強いのかも(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。