スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バドミントンいろいろ

「オグシオ」のおかげでバドミントンがブームになって競技人口が増えている
というニュースを見ました。
あまり実感はないけど、だったら嬉しいな。
思えば、前のオリンピックでは、バドミントンの放送を追っかけるのは本当に大変だった(笑)。
今回はちゃんと放送してくれそうですね。
(あとは日本以外の国の試合もちゃんと映してくれればいうことなしです)

そういえば、小椋&潮田組が五輪で着用するユニホームが発表になってましたね。
ネービーブルーのノースリーブのワンピース。
可愛いけどこれって本当に動きやすいのだろーか?
ウエスト辺りがゆったりめっぽいので、プレイ中にまくれ上がって気になるんでは…とちと心配になります。それでなくても丈が短いし。
まあテニスとかだとこの程度よくあるけども、バドミントンってテニスより屈伸する動きが多いじゃないですか…って、なんか話がどんどん下世話になってるな。いーかげんやめます。
それにしても、そういうことを考えていたら、今のユニフォームの流行のメインはどういう感じなのかちょっと知りたくなりました。
私が高校の時は、女子は元々スコートだったのが、短パン3、4割くらいに増えてきたところで。
ざくっと分けるとやっぱり可愛い系の学校が着ているのはスコートで、体育会系が短パンでしたね。(短パンユニフォームは、強豪校が多かった)
私の高校は弱くて歴史も浅かったので、代々決まったユニフォームというのはなくて、一年ごとにその時のメイン部員が話し合って好きなのを選んでまして、上の代までずっとスコートでした。が、
私達の代で選んだのは、はいっ、短パンです。
(気分だけでも)強い方がよかった。可愛いより(笑)。昔からそういう考えだったんだなあ。
えーと、思い出話はこの辺にして。
今は短パン率のが高い気はするけど、スコートも結構見かけますね。でも、印象は昔とずいぶん変わったような。スコートも可愛いというより強そう!
色が違うんですよね。昔は白中心だったので。
今回のオリンピックは、話題の水泳だけじゃなく、バドミントンでも各国のユニフォームにも気をつけて見てみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。