スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「RUDOLF」 the Last Kiss

ミュージカル「ルドルフ  ザ・ラスト・キス」を観に行きました。

<原作> フレデリック・モートン「A Nervous Splendor」
<音楽> フランク・ワイルドホーン
<脚本・歌詞> ジャック・マーフィ
<演出> 宮本 亜門

<キャスト>
オーストリア皇太子 ルドルフ: 井上芳雄
男爵令嬢 マリー・ヴェッツェラ: 笹本玲奈
ルドルフの妻・大公妃 ステファニー: 知念里奈
マリーの友人 ラリッシュ: 香寿たつき
オーストリア皇帝 フランツ・ヨーゼフ: 壤晴彦
人形師 ヨハン・ファイファー: 浦井健治
ウィーン日報の記者 ツェップス: 畠中洋
プロイセン皇太子 ウィルヘルム: 岸祐二
英国皇太子 エドワード: 新納慎也
ルドルフの御者 ブラットフィッシュ: 三谷六九
オーストリア首相 ターフェ: 岡幸二郎

1889年1月30日、オーストリアの皇太子ルドルフが謎の死を遂げた。
これは、彼が死ぬ日までの物語…。
「エリザベート」のルドルフ役で颯爽とデビューした井上くんが、再び別の作品でルドルフを演じるという面白い試み。
「エリザベート」では爽やかでナイーブな悲劇の王子様的印象でした。
でも、今回の舞台では女性問題とかルドルフの負の部分も描かれていて、リアルな一人の男という感じ。
両親との関係やマリーとの恋愛ではどちらかといえば被害者的立場ですが、妻のステファニーなどに対しては加害者的な部分もあるし、いろんな状況での立ち回りが上手くないし。
まあでもだからこそ人間的で、王子様ルドルフより自分に近い物として感情移入できる部分があります。
正しくは感情移入の質がちょっと違うのかな。
「エリザベート」の方がいわゆる萌え系(笑)で、今回のはリアル系(?)といいますか。
他のキャラも同様に人間的です。
打算的な結婚と真実の愛の間で揺れるマリー・ヴェッツェラ
国と息子の為によかれという思いが、ルドルフには裏目にでてしまうフランツ・ヨーゼフ
夫を愛するがゆえ逆に追い込んでしまうステファニー
などなど、どのキャラも正と負の部分を持っています。
国を自分の思うがままに操ろうとするターフェすら、悪役ではない印象。
マリーを説得するあたりで、彼なりの美学があるんだと感じました。
個人的には、このターフェとステファニーのキャラクターが特に好きでしたね。
ステファニーは本当は夫を想っているのに、ルドルフを説得する台詞が素直じゃないのが泣けます~。いい皇太子夫婦でいるのが私達の義務なのよ的な台詞しか言えなくて。
完全にルドルフの心が自分から離れてるのがわかってますから、すがりつくとかは、誇り高い彼女には許せないことなんですよね。
しかし、ルドルフにはそんな妻の気持ちを思いやる余裕などなく、彼女の表面的には冷たい台詞に逆に追いつめられていく。
実在の人間が題材なので、基本的にルドルフの悲劇的な結末は変わりません。
でも、不思議と観終わった後の印象が、鬱々とした感じにはなりませんでした。
みんなの様々な…、元々は悪意でなかったはずの思いさえもがルドルフを追いつめて行く様がひしひしと感じられて、それなりに納得できたからですね。
皇太子の責任の重さなどはもちろん想像外の世界。
でも、抱える問題は違っても、似たような感覚は現代の人間にも皆あることじゃないかなと感じました。
まあややこしいことは置いておいても、今の日本のイケメンミュージカルスター勢揃い! いろいろキラキラしてましたです。目と耳の保養になりました~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。