スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立新美術館

今日は六本木の国立新美術館に行ってきました。ここに行くのは初めて。
国立新美術館

先日亡くなった黒川紀章氏が設計した建物です。オープン時に結構ニュースとかで話題になっていたので、見たことある方も多いんじゃないでしょうか。
前面はすべて曲線でしかもガラス張り。すごいデザインですよね。
(こういうのを見るとまず「描きたくない」…とか思ってしまう。いけませんね(汗))
「新」をデザインした赤いロゴも印象的。こちらはアートディレクター佐藤可士和(さとう かしわ)氏によるもの。
昨日、たまたま佐藤氏の特集番組を見たばかりだったので、タイムリーでした。
番組内でこのロゴの話もしていまして。
美術館側からは最初、国立新美術館"The National Art Center,Tokyo"の頭文字 NACTをデザインして欲しいとの注文だったそうですが、それでは国立新美術館らしさが出せないと考えた佐藤氏が、自分の考えをプレゼンし、美術館側もその意見に賛同。今のデザインになったそうです。
詳しくは、国立新美術館のサイトで、コンテンツの中の 美術館の紹介 → ロゴの紹介 で見られますので、興味がある方はどうぞ。
それにしても、コンセプト通り、確かに、新しいイメージ。明るさと高さを感じさせる空間でした。
さて、今日、ここに来たのは、友人MASAさんの絵を見るため。
今、自由美術展というのをやっていて、MASAさんは、毎年、作品を出しているのです。
昨年までは、上野の東京都美術館での展示でしたが、今回から、新しいこの国立新美術館に移動してきたそうです。
自由美術展

ご覧の通り今日は最終日。仕事の関係で来るのがぎりぎりになってしまいました。
でも、最終日だけあって、作品を出しているご本人や関係者らしき人も多く、あちらこちらで熱く作品談義を繰り広げている様はなかなか興味深いものでした。(こっそり立ち聞きしたりして(笑))
自由美術は、その名の通り「自由に新しい前衛芸術を作ろう」という主張だそうで、作品も、実在する物を綺麗に描くというよりは、内面を描くような抽象的な作品が多いです。
私なんかは、そうなるともう、直感的に好きかどうかでしかわからないのですが、今年は例年より特に、立体作品が面白かったです。
…というか、飾られてる空間が、今までより広がりがあるので、印象が違っている気もしますね。
屋外展示があって、これがまたいいなと思いました。
そして、MASAさんの絵。
MASAさんの絵

MASAさんの絵、毎年見ているせいか、隣の部屋から遠目で見た段階で彼女の絵とわかりました。
色味を抑えた、それでいてパワフルな作風は相変わらず。どこか和風な趣きも好きなんです。
(写真(しかも携帯で撮ったの)では、うまく伝わらなくて申し訳ないのですが、日本画じゃないですよ。キャンバスに描かれてます。近くで見たらかなり凹凸あります)
今年の作品は特に勢いがある気がしました。
これは…一気に手を回すんでしょうか? かなり大きい作品なんですよ。
会場のまわりに、わりと動きのある作品が少なかったこともあって、思わず足が止まってしまう感じ。見入っている人も多かったです。
MASAさんの絵をもっと見たいという方は、このページのリンク欄の「つれづれ日記」から飛んでみてくださいね。MASAさんのブログです。
(文中のリンクは、自由美術展にMASAさんご本人が行った日の日記にはっています)
自由美術展を出て、同じ館内でやっているフェルメール展をはしごしようかとも思ったのですが、今日はその時点で結構歩いていたのでやめておきました。
フェルメールも、昨日、特集番組をたまたま観て、タイムリーで興味はあったのですけど。(この番組が、ギャラリーフェイクのネタに使えそうな話満載で、すごく面白かったのです)
久々に六本木辺りに行きましたが、美術館まわりに美味しそうな食べ物屋さんをたくさんみつけてたまらなくなりました。
こちらも含めまたリベンジしたいです。

そうそう、サイトのトップ更新しました。メイド紅と執事クロです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

お久しぶりです。ぱるです。
メイド紅と執事クロ・・・良いですねぇ~!!
ご主人シロとかが画面の外にいると思って妄想しちゃいました。
でも、もしかして女王様(Mの女)だったりして・・・



>ぱるさん

クロ「おかえりなさいませ、ぱるお嬢様」
執事喫茶風にご挨拶してみました。
絵、気に入っていただけて嬉しいです。
紅とクロ、二人とも接客業のプロのはずですが、画面の外にいるのが、ご主人シロだとクロの顔が、女王様だと紅の顔がひきつってそうです。
特にクロはシロに対しては結構おとなげないですからねー(笑)。
この絵は素直に読者様に向いてる感じで描いたので、彼らの接待は、ぜひぱるさんが受けてやってくださいませ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。