スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深川丼

『男鹿和雄展』を観に行った東京都現代美術館は、東京の深川あたりにあります。
深川といえば、神林&キリカシリーズのキリカの家があるところ。
描いている頃は、何度も取材写真を撮って歩いたりしたものですが、その頃、果たせなかったことがあります。
それは深川丼を食べること。

飯の上に、アサリやハマグリとねぎなどの野菜などを煮込んだ味噌汁をかけた丼。
隅田川の河口あたりは、アサリがよく取れたことからきているらしい。 江戸時代末期に江戸深川の漁師が食べ始めたのが由来といわれている。
(ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋)

なんか食べる機会がなかったんですね。元々、一人で食べ物屋さんに入るのが苦手というのもあって。
今回、友人と一緒というのもあって、美術館帰りに初めて食べることができました。
深川丼

あさりたっぷりで、ホント、お腹いっぱいになりました。幸せ~。
庶民の味って感じですねー。私にも作れそうなところもいいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。