スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花 FLOWER ~太古の花から青いバラまで~

昨日一日、家でゴロゴロして体調も大丈夫そうだったので、ずっと行きたかった上野の国立科学博物館 特別展「花 FLOWER ~太古の花から青いバラまで~」を見に行って来ました。
明後日の17日(日)で終わりなので、かなり駆け込み状態です。
花展

内容的には
被子植物(いわゆる花弁のあるきれいな花)の成り立ち
花の色について
花の品種改良
…などが主でしょうか。
青いケシ、青いバラなどが特に人気の展示品。
ラフレシアとかバオバブとか、かわった植物も展示されていました。
私は大学の専攻が薬用植物学だったので、もろ自分の好きな世界で楽しみました。行って良かった~!
シルキー6月号の話を描いたとき調べたことがそのまま展示されていて、あれ描く前に来たら少し楽だったかも~。
ツユクサ

でも、お花にあまり興味がない方には、もしかして全体にちょっと肩すかしかもしれません。
青いバラなんかもとてもきれいなんですが、見た目はどっちかというと、真澄様がマヤちゃんに贈っているバラの色なので、「これ、青というより…」と言っている人もいたなあ。
今までは青っぽく見える物が作れても、昔からバラに含まれている成分のままで、実際に青い色素が入れられなかったのが、やっとデルフィニジンという青い色素を持つバラを作ることが出来た…というのがすごいのですが、人によってはその辺の化学式とか見せられてもあまりピンとこないかもしれません。
その辺り、楽しめそうな人にはオススメです。あと、お子さんは素直に楽しいと思います。
いろんな花の香りを抽出してかげるようになっているのも面白いですよ。
会場はこんな感じ。この辺りの展示は博物館というより、お花を見にいってる感じですね。
会場

左手の花は青いカーネーション。ムーンダストという品種だそうです。
やはり初めて、カーネーションにデルフィニジンを合成させることに成功しました。
この通り、撮影禁止になっている所以外は写真を写せます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わ~いいなあ~♪

杜野さん、今晩は~♪

きょうは暑かったですね。

花の特別展。。。いいですねえ。
私は先週、東京に行ったんですけど、
四谷と麻布十番に行って、終わって
しまいました。

花は写真を撮ったり育てたりするのが
好きなので、行ってみたいなあ。

↓下の「相棒」のエキストラでの撮影体験、
とても楽しく拝読させていただきました。
いいですねえ。
うちでは父と妹が「相棒」の時間には、テレビにかじりついていましたよ~。
私も時々見ていましたが、コンビネーションがまたいいですよね。

地方にいると、そんな体験などできないのが、さびし~です。くすん。

本当に良かったですね~素敵な体験ができて。

はじめましてです

 はじめまして、水無瀬と申します。『ヒロインを探せ』からずっと杜野先生の本は初版で持っております。このHPも通うようになってから早数年、こそこそしておりましたが、今日は思わずコメントさせていただきました。
 金曜日、わたしも上野に居たんです~! 目的は科学無しの国立博物館だったのですが、よもや杜野先生がいらしているとは露知らず、看板を見ながら国立科学博物館の前は通り過ぎてしまいました……。残念です。
青バラはサントリーホールに飾ってあるのを見たことがありますが、確かに仰る通り、「あなたのファンより」な薔薇の色ですね。
では、体調、戻られたようで良かったです。お身体ご自愛下さい。

コメントありがとうございます

>miwako.Tさん
本当に毎日暑いですね。もう真夏のようです。
四谷と麻布十番、いいですねえ。楽しまれました?
「相棒」、長~いレポートを読んでくださってありがとうございます。
我ながらこんなに書いてどうなの?(笑)という感じだったのですが、結構読んでくださっている方がいるようで。
愛されてる作品なんだなあと実感しています。

>水無瀬早生さん
いらっしゃいませ!
うわー、長いこと読んでくださっているんですね。ありがとうございます!
上野ですれちがっていたかもしれないですね。不思議な感じです。
科学なしのほうというと、ダヴィンチ展でしょうか? あちらも確か週末までだったような…。
そちらも気になっていたのですが、「受胎告知」は幸い、以前イタリアで見る機会があったのと、今回は人が多そうなのもあって、私は行かないまま終わってしまいました。
いかがでしたか?

ダヴィンチ展ですー。

コメント、有り難うございます。嬉しくってちょっと気後れしてしまいました……。
はい、わたしが行ったのはダヴィンチ展です。20分待ちくらいでしたが、絵の前での立ち止まりは禁止で、歩きながら見る、という感じだったのですが、一応絵の具が分かるくらいまでは接近できて、天才の所行は凄いなあ、と改めて思いました。多分イタリアのが落ち着いて見られたのではないでしょうか。素敵ですね、本場での鑑賞。
併設の展示(こちらは本物は伝ダヴィンチの像のみだったかと)もなかなか面白かったです。

>水無瀬早生さん

気後れなどなさらずに、よろしかったらどんどん書き込んでくださいね。
20分待ち…。ため息がでそうですが、それでも、ピーク時に較べればずっと早いんでしょうね。
イタリアでは、「受胎告知」の前どころか、展示されている部屋の中にいるのが、私と友人だけとか、そんな感じでした。
美術館入場時は結構並んだので、人が少ないんじゃなくて、それだけ、他にも山のように有名作があるんですね。ゆっくりは見られますが、見るべき物が多すぎてこちらの集中力と時間が足りません。(贅沢な悩みですが)
きっと、今回の水無瀬さんの方がしっかりご覧になっていると思いますよ。
とはいえ、本場の鑑賞はやっぱり素敵なので、機会があればぜひ! おすすめします。
ホントに1日どころか2,3日かけて外国の美術館にまわったりとか夢ですよねえ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。