スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drop Dead Chaos

籠城も少し中休み。
世田谷パブリックシアターで、H・アール・カオスの「Drop Dead Chaos」を観てきました。
コンテンポラリー・ダンスです。
構成・演出・振付=大島早紀子
出演=白河直子、新上裕也、群青、木戸紫乃、小林史佳、斉木香里、長内裕美、横山博子
M先生に誘っていただいて、行ってきました。
H・アール・カオスの公演を観るのは2回目です。
ダンス好きな私ですけど、元々クラシックバレエから入ったせいか、コンテンポラリー・ダンスというのは少し構えてしまいます。どうしても、意味をいろいろ考えなければいけない気がするんですよね。
そんなに私にも、H・アール・カオスのダンスは刺激的です。
もちろん深いテーマはあるんですけど、それ以前に理屈抜きに魂を揺さぶるものがある。
ダンスは観たままを感じればいいんだなあと、当たり前のことをあらためて再認識させてくれます。
いつもは女性ダンサーさんだけなのですが、今回はゲストに新上裕也さんと群青さん、二人の男性ダンサーさんが入るという新しい試みがあって、面白かったです。
意外に違和感もなくて。(初日からご覧になっているM先生によると、その辺りは日を重ねるごとによくなっているとのこと)
男女のダンスというと、やはり男性が女性をサポートしたりという動きもあるわけですが、にも関わらず、男性は女性の添え物でもないし、女性は守ってもらうでもないし、本当に同じ力で向かい合った二人のダンスでした。
振り付け・演出に加え、白河さんの力強さ、新上さんのたおやかさ(この表現、変?(笑))という個性のぶつかり合いが、そんな風に見せるんでしょうね。
舞台の見せ方も本当に凝っていて、いろいろ位置を変えて観ると更に楽しめそうだなあと思いました。
ただ、いつもながら、危険かも?という動きも多いので、ダンサーの方々は身体に気をつけて~。
(オープニングの宙づりとかはもちろん見た目にすごいけど、私は一見地味な、バーを使ったシーンとか気になりました。バーが軽すぎる感じです)
とかいいつつ、十代とかで初めて観たら、自分も即効、ダンススタジオに行ってますよ。きっと。

終演後、M先生に楽屋に連れて行っていただきました。
ダンサーの女性の方々が、みんな舞台裏で見ると、小さくて可愛らしくて驚きです。
舞台上では研ぎ澄まされたナイフみたいなのに~。
そして大島早紀子さんのお美しいこと! あのスタイル、同じ人間でしょうか。
みなさんお疲れのところ、私にまで握手してくださったり…、ありがとうございます。
白河直子さんとは、一緒に写真まで撮っていただきました。
握手をしたとき、「うわー、柔らかくてあったかいですねー」と、言っていただいたのですが、いや、それは私はお肉が有り余っておりますから…。思わず赤面でした。
白河さんの身体は本当に身体で表現する人の身体。間近で見て、ますますうっとりでした。
人は鍛えればあそこまでなれるんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。