スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南総里見八犬伝

060822kabukiza.jpg

久々の歌舞伎座。
八月納涼歌舞伎の第三部(夜の部)は南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)ということで、八犬伝好きの私は行かないわけにはいきません。
長い南総里見八犬伝の中で演じられるのは以下の部分です。

発 端 房州富山山麓の場
    庵室の場
序 幕 大塚村庄屋蟇六内の場
    同表座敷の場
二幕目 円塚山の場
三幕目 滸我成氏館の場
    芳流閣の場
    行徳入江の場
    庚申塚刑場の場
大 詰 馬加大記館の場
    同対牛楼の場

主な配役は以下の通り。

犬山道節、網干左母二郎:坂東三津五郎
伏姫、山下定包:中村扇雀
浜路、犬村角太郎:片岡孝太郎
犬塚信乃:市川染五郎
犬川荘助:市川高麗蔵
犬江親兵衛、安西景連の亡霊:尾上松也
犬飼現八:中村信二郎
犬田小文吾:坂東弥十郎
犬坂毛野:中村福助
金碗大輔:坂東秀調
荘官大塚蟇六:中村源左衛門
簸山宮六、馬加大記:片岡亀蔵
歌舞伎の八犬伝を観るのはこれで三度目…かな?
今まで観たのも例外なく今回上演されたシーンでした。
円塚山は、だんまり(暗闇の中での立ち回り)
芳流閣は、派手な殺陣とがんどう返し(舞台上のセットが縦に回転する。廻り舞台の横回転ではない!)
対牛楼は、舞踊と犬士勢揃いの見た目の美しさ
…と、どれも歌舞伎的見どころが多いからなんでしょう。
この辺りのエピソードでは、犬江親兵衛と犬村角太郎は、本来まったく出てこないのですが、あくまでも「八犬士」なので、無理矢理出てきて見得をきってしまったりするのは、なかなか微笑ましいです(笑)。
そんな風に部分的な上演でも入りきらないエピソードが多く、結構、物語上大事なシーンを舞台で見せずに進んでいくので、話を知らずに観てる人には不親切かもしれません。
そのわりに、真の敵ボスであるはずの玉梓を出さなかったり、仙女が出て説明してくれたりという、舞台版独自の親切設計もあったりして、何だかバランスが不思議。

坂東三津五郎さんは、とても有名な歌舞伎俳優さんですが、私は生で観るのは初めてだと思います。
素人目にも、うまいなあと驚きました。
役ごとに全く雰囲気を変えられる人だなあ。
犬山道節、網干左母二郎の二役をやっていたのですが、左母二郎が火の中に引きずりこまれて一瞬後、三津五郎さんが火の中から道節として出てくるんですね。
早変わりにびっくりして拍手!のシーンのはずなんですが、演じているのが同じ人って感じがしないので、私のように歌舞伎に詳しくない人間は、ふつーにスルーしてしまうかも(笑)とか、いらない心配をしてしまったくらいです。
あとは毛野の福助さんが、もう…!
毛野は女装の犬士で普段は女田楽のスターという設定。
今まで観た歌舞伎の毛野は、とにかく美しくてうっとりって印象でした。
今回の福助さんの毛野もそれはもう美しくてたおやかなんですが…。
小文吾と二人きりになったりして男モードに切り替わったときのギャップがすごい!
あの声、立ち居振る舞いはまさしく…おっさん!
あんな毛野観たことない。ステキすぎます(笑)。
今まで私の中では福助さんはただただ美しい女形イメージが強かったので、また新たな1ページが加わった感じです。
あとは、松也くんを観られたのが嬉しかった。
春に四谷怪談で観たのが初見ですが、その後テレビで見る機会が増え(七之助くんの仲良しさんとしてや、先日はNHK「7年ごとの成長記録 21歳~家族、そして私~」に出ていました)気になっていた存在。
少年・犬江親兵衛役は地のままという感じで爽やかで凛々しく、一方、安西景連の亡霊はおじさんでしかも敵役なのに、堂々とこちらが怖くなる感じに演じていました。
幅が広そう。この先ますます楽しみです。
あと、聖女・伏姫と敵ボス山下定包を同じ中村扇雀さんが演じているのとかは、本当に歌舞伎らしくて面白いと思いました。
同じ人物が演じていると思うと、作品テーマ的な部分でもいろいろ深読みしたくなりますね。
久々にみると、知らないなりに、歌舞伎って派手で面白い。
ホントはこういう風に話を知ってるのより、知らない物の方が楽しめるんですよね。
自分の中で変なこだわりがないし。
歌舞伎の話って、とにかくシーンシーン面白く!をモットーにすごく濃いのが多いから、初めて見る演目だとびっくりさせられることが多いです。
(その分、トータルで見ると、話の核がわかりづらかったり、バランス悪かったりすることもあるんですが(笑))
時間があったらもっといろいろ見てみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。