スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OUR HOUSE つづき

昨日観た「OUR HOUSE」の感想です。
「OUR HOUSE」はロンドン・ミュージカル。音楽はマッドネスの曲が使われています。
マッドネスって、私は昔のホンダ CityのCMソングくらいしか知りません。でも、そんな私も十分楽しめるミュージカルでした。
もちろん思い入れがある方はもっと楽しめそうです。
(以下、話のネタバレしてる部分があります)
役者として出演もしている後藤ひろひと氏が訳詞を手がけているのですが、彼はマッドネスマニアで、原詞に近い音の翻訳にこだわったそうで、例えば、
"Our house,in the middle of our street."
という原詞を
「アワ・ハウス、みんないるのが好き」
と訳したり。(試しに口に出してみると響きがすごく近いのがわかると思います)
全部そんな感じなので、マッドネスファンは聴くだけで笑えるんだろうなあ。今まで知らなかったくせに急にうらやましくなってみたり。
演出は、今時ギャグとかアドリブ風な台詞が多かったので、オリジナルを忠実に…というよりは日本風に結構アレンジしてあるのかな?という印象でした。
主人公ジョーの16才の誕生日の晩、ある事件がおこり、その時どうしたかによって、良いジョー(仮にここでは白ジョー)、悪いジョー(黒ジョー)という、2つの人生を歩み始めるというストーリー。この二つの運命が交互に描かれていきます。
中川くんは黒白両方のジョーを演じるわけで、ほぼ出ずっぱり。本当に頑張っていました。
黒ジョー…と思ってたら、あっという間に白ジョーで現れたり。初見なので、しょちゅう騙されて、入れ替わった瞬間がわかりませんでした。その辺確認しつつもう一度観たい~。
キャストが、アンサンブルに至るまで、パワーあふれるメンバーが多くて、元気になれます。
16才から始まる話なのですが、実は、役者陣、結構ダブルスコアなんて人が多いんですよね。(中川くんは若いけど!)
なのに、高校の制服とか、みんな意外と似合っててびっくり! 本当はもっとギャグネタにしたいところなんですが(笑)。
女の子なんてマイクロミニ! ダンスシーンはパンツ丸見え(失礼)。ですが、見える鍛えられたバネみたいな足が健康的でパワフルでいいんですよお。
キャストに関して言ってたら長くなりそうなので一言ずつ。
坂本健児さん…共演者より背が高いなんてめったにないかも(アッキーが小さいので)。相変わらず自然な感じ。好き。
新納慎也くん…格好いいイメージが強かったけど、こういう飄々とした役、結構はまってる! 2枚目半くらいの役をまたやって欲しい。
入絵加奈子ちゃん…ああ、可愛いよー! ちゃんと生身なのに、永遠の少女です。
瀬戸カトリーヌちゃん…どんな役をやってもぴったりはまってしまう。上手いっ。
今井清隆さん…今井さんがやるとどんな役でも優しさを感じてしまいます。今回は誰とも直接絡まないので、結構辛そうな役でしたが、カーテンコールでキャスママとラブラブだったので、本当に嬉しかったです。
後藤ひろひとさん…一幕、ちょろっとしか出番がなかったので、心配しましたが、2幕でいっぱい出てきて良かった~。プレスマン役はやり方によっては、ひたすら怖い役。大王こと後藤さんがやるとどんなキャラも可愛げのあるキャラになってしまうのが不思議です。でもよーく落ち着いて考えてみると、怖いところはしっかり怖いんですよね。そういうほうが、本当に怖いのかも。
小鈴まさ記さん…前からファンでしたが、今回も違う魅力をみせてくれました! カラム役、おいしすぎ!
ええと、きりがないのでこんな所で。
ストーリー的には、個人的にちょっと不満があります。
黒ジョーのラスト(火事でキャスが死ぬ)と白ジョーのラスト(火事は起こるがキャスは助かる)が違うのが私はなんとなくスッキリしなくて。
いえ、彼らがそれぞれたどりつく方向性は十分しっくりくるのですが、できたら、同じ結果が、それぞれのジョーにとって違う意味を持ってくるっていうのがよかったなあと。
とはいえ、それってかなり難易度高いです。言うは易しですよね。今の展開でも、「白ジョーがそれまでにやってきたことのせいで、その時、キャスはでかけていた」とかいうことを、もっと強く押し出してくれていたら納得出来そうです。
こういうことを言ってしまうのは、台詞とかでは、同じ言葉で、両方で全く正反対の意味を持たせたりして、うまいなあ!と思うところが多いからでもあります。
2幕で、ジョーとサラが、表面上は仕事の話をしながら、自分の相手への秘めた思いを歌うシーンもいいなあと思いました。
マンガではモノローグと台詞を使い分けて、結構簡単に表現できちゃうところなんですが、舞台では難しいんですよね。一度に言える言葉はどちらかだし、表面上の台詞と内面のモノローグが被り合って聞きづらくなってもまずいし。
何気ないシーンですがこんなに上手くみせてるのはあんまりない。参考になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。