スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オーメン」&「ポセイドン」の記事

資料用に買った映画雑誌で、「オーメン」と「ポセイドン」、Wリメイク作のオリジナル版との比較記事などチェックしてみる…。
ふむふむ。「ポセイドン」は、舞台設定は同じでも、キャラがみんな全然変わってるんですね。思いきっていてよいかも。
「オーメン」は、今回のキャストを見て、ベテラン乳母・ベーロック夫人がミア・ファローというのに、一瞬寒気が走りました。それはこ、怖そう…。
で、一番「へえ…」と思ったのは、リメイクとは全然関係なく、オリジナル版「オーメン」の紹介記事でした。
「オーメン」は、ラストシーンがすごく強烈ですが、そのシーンは完成試写の時点では存在せず、違うラストだったとか。
試写を見たメンバーの一人が思いつきでアイディアを出し、急遽追加撮影して、公開直前に入れ替えたそうです。
ハリウッド映画のシステムでは、そういう話はよく聞きますけど、あの映画に関しては、そんなとってつけた風には思えない名演でした。(まあ、その辺がプロの技なんでしょう…)
元々のラストの展開もその記事に書いてあったんですが、どっちのラストがいいかは別としても、元のままなら絶対あんなにいっぱい続編はできてなかったと思うし。
何かどうプラスに働くかわからないものですねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。