スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンド花のおすそ分け

今日、買い物に行く途中、大輪の百合を持った女性二人とすれ違いました。
角を曲がって納得。
籠城している間に近所に新しい和食のお店が出来たようで、その開店祝いのスタンド花を「ご自由にお取り下さい」とお裾分けしていたのです。
買い物帰りに再び寄ってみたら、百合のような大物はなくなっているものの、まだいくらか残っていたので、ありがたく私もいただくことにしました。
どれにしようかなと選んでいたら、おばちゃん二人組がバタバタとやってきました。
どこからか花がもらえると聞いてきたようです。
でも花を見るなり、「なんだー。咲いたのばっかりじゃないの! こんなのだったらいらないわ。400円もだせばもっといいのが買えるもの」
あのー、スタンド花なんて、その時咲いた花じゃないと意味ないと思うのですが…。
それをただでもらおうというのだから、1日2日の潤いをもらって十分満足じゃないですか。
大体、どうして思ったことをそのまま大声で連呼するのか。黙って400円の花を買いに行けばいいのに。
店の人は、おばちゃんたちの台詞も聞こえてただろうに、私たちに花を包むための新聞紙までわざわざ配ってくれてました。
なんだかちょっともやもやしつつ帰宅しましたが、家で花を飾ったら、どうでもよくなりました。
だから花って好きです!
おばちゃんは400円出してこの気分が味わえたんでしょうか。
20060519024808
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。