スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年もお世話になりました

帰省中です。
宮島を臨む
夕方、近所を走ってるとき見た風景など。
正面に見える山は安芸の宮島です。
広島では、今日は、朝からお昼までユキが(私のパソコンでは第一変換、コレがでます)…もとい、雪が降っていましたよ。

今年もいろんなマンガを描けたこと、たくさんの人に読んでいただけたことに感謝です。
あと数時間で2012年も終わりますね。
みなさま、よいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

2013初めのお仕事 いろいろ予告

発売中のBE・LOVE2号に予告が載っている通り、3,4,5号と3号連続で描かせていただくことになりました。
隔週誌にこんなに続けて描くって…漫画描きになってから初めてです。
はたしてちゃんと描けるのか? ドキドキ
実作業的には1本目はなんとか描き上げております。続きも頑張ります~。

BE・LOVE2号には屍活師5巻の表紙のイラストもさりげなく載ってますよ。
今回のカバーはなんとあの人…!
描いてる本人だけが楽しいという誰得の展開…、いえ、きっと同士はいると信じます(笑)!
1月11日(金)発売です。よろしくお願いします。

あと、発売中のシルキー2月号に予告でました。
3月2日(土)発売のシルキー4月号に「Dの娘」という話を描きます。
ピンと来た!という方には、昔からのご愛顧感謝です。
そう、「Dの女」「デパートの女神」シリーズ番外編です。
前に一度描いた番外編「幸福(?)の王子」の続きですよ~。
少し先ですが、お楽しみに!

BE・LOVE1号本日発売です

屍活師50ページ載っております。
下の記事のようないろいろあって、猛反省で顔を半分隠しつつも…、
読んでいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

あと、今後の掲載スケジュールなんかもちょっと載っています。
年始はBE・LOVE誌上でお目にかかる機会が多くなりそうです。

ご無沙汰すみません

また間があいてしまってすみません。
その間に、屍活師の雑誌原稿とコミックス描き下ろしなどやっておりました。

雑誌の方、12月15日(土)発売のBE・LOVE1号に50ページ描かせていただきました。
で、読む前からネガティブ話で申し訳ないのですが…、

私、その原稿で大失敗をしてしまいました。
最終的に入稿するデータを作る時、問題がありまして、
な、なんと、トーンのアミ点が2倍サイズになっております。
結果的に画面がなんというか…ちょっと目に痛い感じです。
実はそれに気づいたのが数日前。本当に真っ青になりました。
この原稿をやる際、特に数値をいじったりもしていないので、どうしてそんなことになったのかはわからないのですが、デジタル原稿に少し慣れてきた頃ですっかり油断しておりました。
絵自体はいつも通りなので、多分意識せずに読んだ方が
「なんかわからないけど読みづらいな…」
という感じだと思います。
最善の状態でお目にかけられなくて、読者さん、原稿を手伝ってくれたアシスタントさん、雑誌関係者の方には申し訳ないと思うばかりです。
私個人は痛い勉強と思って、もうこんなことのないように気をつけるしかありません。
(しかし、ここ数日は落ち込んでしまい…、今日やっと印刷された現物を見て、思い切れました
…というか思い切るしかないと思いました。
はあ…、久々に、初めて自分の原稿が雑誌に載ったときの消え入りたい気持ちを思い出しましたよ)

いきなりネガティブ、すみませんでした。
ストーリー自体は、いつもの感じですので、ぜひぜひ楽しんで読んでいただければと思います。

情けない失敗がなければ、楽しい告知が出来るはずだったのに。私のバカバカっ!
…というわけで、気を取り直して、告知をいくつか。

1.上記の屍活師コミックス5巻、描き下ろしもあります~。
  1月13日発売です。よろしくお願いします。

2.TSUTAYA有楽町マルイ店さん 12月15日からのコミックス一巻目サイン本フェアに「ニュースになりたいっ!」コミックス1巻のサイン本10冊描かせていただきました。
描いたのは全部違う花央9人と樹元1人です。
詳しくはTSUTAYA有楽町マルイ‏店さんのツイッターでチェックしてくださいね。

3.発売中の女性ファッション誌「with」1月号で、ちらっとインタビューを受けています。
夢をつかむ方法というテーマで、会社員との2足のわらじで仕事をしていたころのことなど少し話しました。(私のはもちろん文字記事だけです~)
いろいろな職業の人から話を訊きたいとのことでオファーいただいたのですが、な、なんと「後になって美内すずえ先生にもOKもらえました!」と!
「ひゃああ、だったらお受けするんじゃなかったかも…」と思いつつも、結果的に同じ特集の末席に加えてもらえるなんて幸せです。
私はともかくも美内先生のインタビューや他の皆様の記事は一読の価値あり!
北川景子ちゃんの表紙が目印です。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。