スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーの素

3月4日にTUTAYA有楽町マルイ店さんリニューアルの記事を書きました。
その時はBE・LOVEフェアの写真にはリンクを貼らせていただきましたが、今日は、シルキーのコミックス(白泉社レディースコミックス)売場の写真を見せていただきました。
シルキーコミックス棚
(クリックで画像拡大)
色紙だけでなく紹介のPOPまで添えてくださってます。
「Dの女」からそろってるし、「屍活師 女王の法医学(1)」 (Be・Loveコミックス)もそばに!
「Dの女」などは終わってからだいぶ経ってしまっているので、最近あまり見なかった光景ですよ。
書店さんの限りあるスペースを割いていただき、本当にありがとうございます。 
本来描き手が皆さまにパワーをお送りするはずなのですが、逆に私の方が励まされてます。
お近くの方で「Dの女&デパートの女神シリーズ」に興味持ってバックナンバーを探してる方がいらっしゃったら、こちらの書店さんでバッチリそろえてくださってますので、ぜひ訪ねてみてくださいね。

そういえば、以前ですが、ジュンク堂郡山店さんにも色紙を描かせていただいてます。
こういうの↓です。 ちょっと前なので、今、置いていただいてるかはわかりませんが。
ジュンク堂書店郡山店さん
こちらは地震で大きな被害を受けている福島県のお店です。
個人的なことなのですが、数年前、福島に旅行に行きまして。
郡山から入り、猪苗代、五色沼、会津若松、喜多方…などなど行く先々本当に美しい土地で、食べ物も美味しくて…、地元の方に本当に優しくしていただきました。
(私、実は長州人なので、少しドキドキしていたんです。
あ、もちろん自分から長州人カミングアウトはできませんでしたが。)
今、地震による痛みだけでも耐え難いのに、首都圏で使われる電気のための施設の事故で、更なる痛みを与えてしまっています。
今になってやっとそのことを自覚しつつある私達。遅すぎる。
でも、こんなことを私がぐるぐる考えている間に、現場では命がけでこれ以上の被害を防ごうとしてくださってる方、避難生活の中頑張っている方がたくさんいらっしゃる。
上のジュンク堂書店郡山店さんも、ジュンク堂のサイトを拝見したら、明日(26日)から、地震以来縮小していた営業時間が長くなり(10時~18時)全フロアオープンされるとか。
日々前進してる。すごいです!
やっぱり逆にこっちが励まされるような…。
現地にいない人間にできることは、物資的・金銭的な出来る限りのサポートと、これ以上風評被害を広げないことでしょうか。
とにかく落ち着いて、出来ることをやっていきます。
スポンサーサイト

東北地方太平洋沖地震 関連企画

震災関係の企画二つにイラストを提供させていただきました。

一つめ。
東北地方太平洋沖地震義援金プロジェクト「がんばろう!日本」に参加させていただいてます。
マンガ家のひうらさとる先生が立ち上げたプロジェクトです。
任意の金額を募金してもらった後、壁紙をダウンロードしてもらうというシステムで、1回の募金で何枚もダウンロードできるそうです。
私の壁紙は、神林&キリカのイラストにしました。
壁紙見本
見本
見覚えある方もいらっしゃるかも。弊サイト「もりのこかげ」の10万ヒットキリリクで描かせていただいたものです。
こういう場所に参加するにあたって、自分の漫画で一番たくさんの方に読んでいただいてるのは…と考えて決めました。
リクくださった方に無断で申し訳ありません。
私の他にも、本当にたくさんの作家さんが描かれたステキな壁紙があります。
行って見るだけでも楽しいと思います。
そして気になるのがあったらご自分のお気持ちで募金していただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

もう一つ。
白泉社さんのサイトに被災者の方々へのメッセージを載せていただいています。
メッセージといっても、いい大人なのにこんな時にどんな言葉をおかけしたらいいのかわからず、ほとんどイラストなんですが…。
メッセージイラスト
こんな感じので、白泉社サイトにアップしてあるものは、これより画像が大きいです。
他の先生方のメッセージもたくさんありますので、よろしかったら見てみてください。

「屍活師ー女王の法医学ー」(2) 5月13日発売です

コメントでも話題にしていただきましたが、こちらにある通り、「屍活師 女王の法医学(2)」が5月13日に発売されることになりました。
無事2巻が出るのは、本当に読んでくださる方々のおかげ。ありがとうございます。
今日の打ち合わせでカバー絵の構図も大体決まったので、明日辺りからカラーを描き始めようと思います。

今日は久しぶりに食パン買えました。少しずつ流通がまともな状態に戻ろうとしてる気配を感じます。
早く「戻った」と言い切りたいな。
個人的には牛乳とティッシュが早く欲しい~。今年は花粉がハードなのでテッシュ消費も早いッス。

スーパームーン

スーパームーン
町がいつもより暗いこともあって、より冴え冴えと美しい。
自然と心静かに祈る気持ちになります。

戻っています

おかげさまで仕事は無事終わっています。

仕事が終わったとき、アシさんが下のような話をしてました。
「『今回の仕事はスケジュール的に今まで一番きつくなるかも。頑張りましょう!』と杜野が言ったところから始まってどうしようなんて思ったけど、それからあまりにいろいろなことが起こりすぎて…、あれが遠い昔のことのようです」
ああ、そうでした。たった1週間くらい前のことなのに。
仕事なんてささいなことでしかない…長く重い1週間でした。
どれだけの人の大切な物が突然失われ、変えられてしまったのか。
「お見舞い申し上げます」なんて言葉ではとても埋められない…。
仕事の方は、余震に停電他、普段通りいかない問題が次々起こりましたが、気が張っていたからか、なんとか終わらせることが出来ました。
不安な状況の中、ご家族のそばを離れ仕事場に泊まってくれたアシスタントさん、通勤さえ大変なのにいろいろおつきあいくださった編集さんに本当に感謝です。

これから自分にできることをやろうと思います。

計画停電

仕事中に初めての計画停電。
18:00~22:00くらいの予定なので、基本的に仕事になりそうにない。
中途半端な時間ながら、アシスタントさんには寝ていただくことにしました。
ただ、〆切が近く、私が寝ていてはスケジュール的に間に合わない(汗)。
停電の間、一人で懐中電灯の灯りで仕事をすることになりました。
懐中電灯
18:00台の明るさと、20:00台の明るさ。
普段は気にしたことがありませんでした。どちらも言葉にすれば「真っ暗」でしかなかった。
でも、全然違うんですね。徐々に暮れていく感じがわかります。
こういうことを普段知らずにいたんだなあ。
停電中の窓の外はこんな感じ。
外
家のまわりは真っ暗。
普段は決して見ることのない光景です。
人は元々この暗闇の中で生活していたはずなのに、やわな私には怖かった。
でもこれは遠くに灯りが見えますし、自分が居る場所もやがて明るくなると知っている。
被災地では、見渡す限り暗闇の中で生活をしている方がたくさんいらっしゃる。
それも心身ともに痛みを負った後で…。
たまらない気持ちになりました。

停電中は懐中電灯に救われました。
上の写真の懐中電灯は自前ですが、アシさんがいらっしゃる今は1本ではとても足りない。
でも、近所の店では懐中電灯も電池もすべて売り切れ。
またしてもやわな私は、広島の母に足りない分を送ってもらいました。
あと、電池式のラジオも!
もう本当に助かりました。それらがなかったらどうなっていたか…。
でも、一方で、今回の地震の被害を受けていない場所でも、いろいろ品薄の物が出てきていると聞き、申し訳ない気持ちです。同じように物を送ってくれようとする優しい方がたくさんいらっしゃるんですよね。
被災地ならともかく、私の場合は、普段からもっと危機意識を持って用意していればどうにでもなったはずなのです。
仕事しながらも、普段逃げていたいろいろなことを真剣に考えざるを得ない…。貴重体験です。

無事です

昨日大変な地震がありました。
自分が今まで体験した中で一番大きな地震だったと思います。
東京の私でこうなのだから、東北では…と想像すると本当に胸が痛いです。
とにかく被害が少なく済みますように…!

私の日記が滞っているのは、単に仕事が切羽詰まっているだけです。
地震とかには全く関係ないので、大丈夫です。とにかくそのことを書いておかねばと!
コメントいただいている方々もありがとうございます!
嬉しく拝読しております~。
落ち着いたらお返事させていただきますので、今しばらくお待ちくださいね。
こんな時なのに目先の〆切でヒーヒーしている自分が本当に嫌。
でも、こうして描けるだけのことが幸せなのだと、痛いほど実感させられた昨日の体験です。

サイトトップ画像更新しました

シルキー4月号の発売日からだいぶ経ってしまいましたが、やっとサイトのトップ画像を「ニュースになりたいっ!」仕様に更新しました。
女の子は華やかでよいですなあ。
描きながら、チェック柄が面倒…とつぶやきつつ、それもまた幸せ♡だったカットです。

カラー中

資料を求めて図書館へ。
「屍活師」は一般書店に置いてあるような本では事足りないことが多いので、図書館は本当に助かります。
(ネットで実物見ずにいきなり買うには値段があまりにも高い本だったり…)
大体そろったけど、一番肝心なものがその図書館にはなくて、同じ区の別の図書館の本を予約。
作画に入るまでにちゃんと借りられるといいなあ…。
で、帰りに公園で資料写真撮りまくりました。
梅がきれいでした。
梅1
梅2
いや、梅は資料とは関係ないです(汗)。
でもつい梅園でまったりしてしまいました。

帰ってから、撮ってきた資料写真見ながら、カラー2枚やってます。
明日には仕上げないと。頑張る!

TUTAYA有楽町マルイ店さんリニューアル

TUTAYA有楽町マルイ店さんが今日からリニューアルされました。
以前から時々寄らせていただいていますが、POPやディスプレイから書店員さんの本好きパワーとこだわりが伝わってきて、大好きなお店の一つです。
リニューアルでは、コミックのコーナーが拡大されたそうです。
それに伴い、BELOVEフェアということでBELOVEのコミックスコーナーを作ってくださいました。
「屍活師 女王の法医学(1)」もたくさん置いてくださっています。ありがとうございます。
ドキドキ。置いてくださった分をちゃんと皆さまに買っていただけるかしら。
素敵な出会いがありますように…と本に念を送ります~!
POP用の色紙を描かせていただきましたので、お近くの方はよかったら寄ってみてくださいね。
屍活師POP
私は、BELOVEに描かれてる他の先生方の色紙が、み、見に行きたい…!

シルキーの書棚も以前より拡大してくださったそうで、そちらにも描かせていただきました。
デパートの女神POP
私が実際に売場を拝見できるのは月末くらいになりそうですが、どんな感じになっているのか、楽しみです~。
(昨日の観劇場所がホントお隣だったのに…。一日違いが恨めしいです)

ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート

シルキー4月号が発売されました。
「ニュースになりたいっ!」の2話目が載っていますので、どうぞよろしくお願いします。

今日はミュージカル「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」を観てきました。
「オペラ座の怪人」とかで有名な作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー20歳の時の作品。
今回は日本初来日公演。その初日です。
内容は、旧約聖書の創世記から。
夢診断が出来る力を持つ青年ヨセフ。
12人兄弟の中で一人、父ヤコブに偏愛され、テクニカラーのコートを贈られる。
その上、兄弟の誰より出世するという夢を見たことを語り、嫉妬した兄たちに殺されかけ、奴隷としてエジプトに売られてしまう。
そのエジプトでは無実の罪で投獄されて、絶体絶命のヨセフ。
一体どうなる…?

続きを読む

NODA・MAP 『南へ』

南へ
NODA・MAP 『南へ』を観てきました。
今、バタバタしているので、すみません、感想はパスです。
書き始めたら絶対長くなるので……。

劇場に行く前に税務署に寄って、確定申告書類を提出してきました。
窓口で並ぶ事態に備えて、時間に余裕を持って出たら、
あれ…? 一人も並んでないよ。すぐ提出できてしまった……。
この頃はネットで申告する人も多いんでしょうが、それにしても、私、毎年、提出期間最終日とかに提出しているせいで、間違った認識を持っていたようです。
早めにすればいいのね、ふふふ。…そんな気はしてましたが。
ただ、今年早いのは今年の私が優秀なのではなく、単に提出期限のころは確定申告どころでない状況になっているのがわかっていたからで……。
頑張る対象が今年は違うだけ。はい、励みますっ。

明日はシルキー4月号の発売日です。
「ニュースになりたいっ!」の2回目が載ってます。
よろしかったら、チェックしてみてくださいね!

小林アトムさん

夜に観劇友達のMさんからメールが。
俳優の小林アトムさんが2月28日に亡くなったという悲しい知らせでした。
『ライオン・キング』のプンバァ役(日本版オリジナルキャスト、アニメの吹替も)、「レ・ミゼラブル」の司教役など、たくさんの舞台でご活躍されている方です。くわしくはこちらを。
昨年末から入院されていたそうですが、そんな事情も全く知らなかったので、今、呆然としています。

前述のMさんがアトムさんと個人的にお友達でいらした縁で、一度アトムさんとのお食事の席にご一緒させていただいたことがあります。
緊張して言葉少なになっていた私に、アトムさんの方からいろいろ声をかけてくださって、こんなこと失礼かしら?というようなつっこんだ質問にもフランクに応えてくださいました。
そんな短い時間でも、ご家族やまわりの方々を大切にしていらっしゃるのが強く感じられました。
その後でカラオケとなったのですが、アトムさんの方から「デュエットしません?」と声をかけていただいて、例えば…と開かれたのがなんと「オペラ座の怪人」の楽譜!
えええ、ミュージカル俳優さんとそんな…畏れ多すぎ!と、結局ピンクレディーの「UFO」をご一緒していただきました。
アトムさんと一緒に踊ったあの一瞬は私の大切な宝物になっています。
アトムさんのあたたかい声、今も近くに感じられる気がするのに、未だに信じられません。
小林アトムさん
これは、音楽座ミュージカル「七つの人形の恋物語」ゴーロ役のアトムさん。
2008年8月30日の終演後に撮らせていただきました。
小林アトムさん、俳優さん…いえ、それ以前に人として大好き、尊敬しています。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。