スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM ~THE じゃなくて A なのが素敵~」

昨日、観た舞台です。

<原作>ウィリアム・シェイクスピア
<翻訳・演出> G2
<出 演>
デミートリアス:山内圭哉
ハーミア:神田沙也加
ライサンダー:竹下宏太郎
ヒポリタ、ティターニア:樹里咲穂
スターヴリング、芥子の種:菜月チョビ 
スナウト、蜘蛛の糸:藤田記子 
ボトム:小松利昌
ヘレナ:出口結美子
スナッグ、蚕の親:権藤昌弘 
フルート、豆の花:新谷真弓
パック:植本潤
シーシアス、オーベロン:コング桑田 
イージアス、クインス:陰山泰

続きを読む

スポンサーサイト

陸上 日本選手権

女子1万メートルは接戦だったようですね。
今日は出かけていたので、帰ってからスポーツニュースで見ただけだけど、感動しました。
リアルタイムで見たかったなあ。
応援している為末くんは400メートル障害でなんと優勝! 嬉しいです。成迫くんは惜しかった。

テニスの方ではウィンブルドンでシャラポワが負けたそうですね。
リアルタイムで朝方まで延々と見てしまってることも多いのですが、この試合は見ていなくて…。
実は、今日見た舞台で出演者の台詞で教えてもらいました。毎日時事ネタを盛り込んでいるようです(笑)。
こちらの感想はまた明日にでも。

永遠の謎

今日から陸上の日本選手権開幕で、オリンピック代表もいろいろ決まってきたようです。
私は明日が特に楽しみかな。

気分だけはそれに負けじと、私も今日は久々に10㎞走ってみました。
超スローペースなので体力的には大丈夫。
でも、どうしてもこれくらい走ると足が痛くなってきてしまいます。
あと5㎞走れとか言われたら、ちょっと無理かも。
普段、座りっぱなしだからなあ。
特に運動していなくても、しっかり立って動き回って仕事している人は、きっとこんなにはならないと思うんですよ。
せめて家の中でも、もう少し動け、ちゃんと家事をしろ、ということですね。
……はい。わかってはいるのですが。
ところで、走るのは近所の周回コースなのですが、今日は同じコースをちょうど逆回りでおじさんが走っていて途中で何度も会うんです。
でもって、会うポイントが少しずつずれるので、自分の方が押されている(遅い)のがわかるんですよ。
後ろから抜かされるのも楽しいものではないけど、今日みたいなのも何だか悔しい~。
だからといって、ペースは上げられないがなっ(笑)。
今日はあと、男子学生二人組にも抜かされました。
私の2倍くらいのスピードで軽やかに。しかも「つか、先輩がさぁー」と、走りながらふつーに語り合ってました。
近くの大学の陸上部の学生だと思います。そっちは悔しいという気さえ起こりませんでした。
ただ、あまりにも早く駆け抜けていったので、先輩がどーなのかまで聞けなかったのは惜しいです。

「ザ・マジックアワー」&「インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

日米メジャー映画2本をダブルヘッダーで観てきました。
どちらも「これぞエンターテインメント!」 
これから観る人も多そうなので詳しくは書きませんが、楽しませてくれました。

続きを読む

バドミントンいろいろ

「オグシオ」のおかげでバドミントンがブームになって競技人口が増えている
というニュースを見ました。
あまり実感はないけど、だったら嬉しいな。
思えば、前のオリンピックでは、バドミントンの放送を追っかけるのは本当に大変だった(笑)。
今回はちゃんと放送してくれそうですね。
(あとは日本以外の国の試合もちゃんと映してくれればいうことなしです)

そういえば、小椋&潮田組が五輪で着用するユニホームが発表になってましたね。
ネービーブルーのノースリーブのワンピース。
可愛いけどこれって本当に動きやすいのだろーか?
ウエスト辺りがゆったりめっぽいので、プレイ中にまくれ上がって気になるんでは…とちと心配になります。それでなくても丈が短いし。
まあテニスとかだとこの程度よくあるけども、バドミントンってテニスより屈伸する動きが多いじゃないですか…って、なんか話がどんどん下世話になってるな。いーかげんやめます。
それにしても、そういうことを考えていたら、今のユニフォームの流行のメインはどういう感じなのかちょっと知りたくなりました。
私が高校の時は、女子は元々スコートだったのが、短パン3、4割くらいに増えてきたところで。
ざくっと分けるとやっぱり可愛い系の学校が着ているのはスコートで、体育会系が短パンでしたね。(短パンユニフォームは、強豪校が多かった)
私の高校は弱くて歴史も浅かったので、代々決まったユニフォームというのはなくて、一年ごとにその時のメイン部員が話し合って好きなのを選んでまして、上の代までずっとスコートでした。が、
私達の代で選んだのは、はいっ、短パンです。
(気分だけでも)強い方がよかった。可愛いより(笑)。昔からそういう考えだったんだなあ。
えーと、思い出話はこの辺にして。
今は短パン率のが高い気はするけど、スコートも結構見かけますね。でも、印象は昔とずいぶん変わったような。スコートも可愛いというより強そう!
色が違うんですよね。昔は白中心だったので。
今回のオリンピックは、話題の水泳だけじゃなく、バドミントンでも各国のユニフォームにも気をつけて見てみようと思います。

一日雨です

昨日は神戸みゆきさんの訃報に驚きました。
でも、何て書いていいかわからなくて、日記さぼってしまいました。
未だに何て書いていいかわからないんですけども。
どんな人でも亡くなるのはつらいけど、まだ成すべきことがたくさんあると思える人が亡くなるのは特にたまらないですね。

昨日から空いた時間にキリ番絵に手をつけ始めました。
たいしたことのない構図なのに、描いては消しての繰り返し。何やっているんだか(笑)。
ちょっと神林&キリカの世界に飛ぶのに時間がかかるみたい。まだ下絵中です。
もう少しお待ちいただけると嬉しいです。
私信ですが、そういうわけで、遅くなっていてすみません。近々メールさせていただきますね、Tさん。

戻りました

久々に現世に戻ってきたら、なぜかネットに接続できなくなっており、メールもできない。あーでもないこうでもないと、設定をいじりまわしていました。
うーん、どこもおかしくないようなのに、何で?
今日になって、もうプロバイダに連絡するしか!とマニュアルを引っ張り出し、最後の確認をしていたら…。
モデュラーが抜けてました。なんというベタなオチ。
そういえば、仕事の追い込みの時、その辺りでバタバタしていたので、弾みで抜けたようです。
電話の方は繋がっていて仕事に支障がなかったのがせめてもの救いでしょうか。

そんなわけで、ようやく社会的にも復活しました。
人間的に復活してても、ネットにつなげないと、ブログ的には籠もりっぱなしになってしまうのですね。気をつけます。

籠城中です

コメントのお返事とか遅くなってしまっていてすみません。
もう少し籠もることになりそうです。
紫陽花2

3日の日記と同じ紫陽花です。これは昨日撮ったもの。
確実に時は経っていますね。

恐竜と隣人のポルカ

そういえば、先月、ぐるぐるしてる時期に観ていたお芝居のことを書くのを忘れていました。
今更ですが、忘れないうちにメモメモ。

「恐竜と隣人のポルカ -K/T BOUNDARY- ケー・ティー・バウンダリー」

<作・演出> 後藤ひろひと
<出演>
寺脇康文
手塚とおる
水野真紀
森本亮治
大和田美帆
竹内都子
後藤ひろひと
兵動大樹
石野真子

日本、とあるありふれた住宅街の中にある二軒の一軒家。
お父さん同士は幼なじみで仲良し。
ある日、そのうちの一軒の家の庭から恐竜の骨が発見されたことから、何かがおかしくなってきて……。

続きを読む

紫陽花

紫陽花

紫陽花は色がどんどん変わっていくのが好きです。

カタツムリは発見できず。

梅雨入り

関東は梅雨入りしたそうです。今年は早いなあ。
昨日、「ジョギングしてるぜ」なんて日記に書いたばかりなのに、雨が続くとまた怠け癖がでてしまうじゃないですか~。

今日、たまたまカタツムリの面白い記事を読みました。
内容はもしかしていつかネタに使うかもしれないから書かないけど(笑)、今住んでる家ではカタツムリ見かけないなあ。
(と言ってもぜんぜんここら辺は都会ではありません。
なんせ、この間はタヌキを見たくらい!)
前にすんでいた家では(今のところから電車で1駅)、梅雨時になると恐ろしい大きさのカタツムリと蛙が家の前の壁にはりつき、仕事中ちょっとタバコ休憩に出たアシスタントさんをびびらせていました。
なんか懐かしいです。書いてたらまた見たくなってきました。
カタツムリは結構可愛いと思うんですよねえ、ナメクジはほんっとダメなんですが。

心拍数

春以降、外に出るのが気持ちよくなったせいか、わりと快調にジョギングが続いてます。
(冬場はつい怠けモードになってしまう)
それで何となく毎日の距離と時間をはかり始めたんですが、時間を意識してすぐバテたり、どうも我ながらコントロールが下手くそです。
なので、先日、腕時計タイプの心拍計を買ってみました。
胸回りに電極付きのベルトをして心拍数を計測し、その数値を腕時計に送信。ストップウォッチの機能もあるという優れ物。
近未来っぽくてかっこいいよ! (すみません、所詮この程度…)
運動するのに何で心拍数を計るかというと、心拍数が運動の強度の目安になるからです。
年齢等によって、個人個人、有酸素運動に適した心拍数の範囲が大体決まっていて、その範囲にキープするようにすると、負荷が過剰にも緩すぎにもならず効率的な運動になっているというわけです。
で、実際やってみると、
キープするの難しいよ…っていうか、すぐオーバーしてしまうんですが。
キープして走ると、今までの自分の感覚で言うとかなりのゆったりペース。
やっぱりある程度長い距離を走るにしては、今まで頑張りすぎていたのか。
確かに今のペースなら体力が続く限りは走れそうな感じ(あくまでも気分です(笑))。
先日初めて1時間走り続けてみましたが、意外と大丈夫でした。
が、体力が平気でも足にくるのねーって感覚も初めてちょっとわかりました。
それで、私の場合、1時間走り続けても10㎞行きませんから。
フルマラソンっていかに長いかということですよね。
1時間走れたって点ではマラソンが近くなったようでもあり、複雑ですが。
ただ実感は少しわいたかもしれません。
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。