スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の色気って?

「屍活師」を描くことが決まってから、医療を題材にしたドラマは、なるべく観るようにしています。
(…と言いつつもまだ「ER」さえ観ていなかったり。全然なんですけどねー)
今、東京では、午後に、「ニューハート」という胸部外科病棟を題材にした韓流ドラマが放送されています。
いろいろ突っ込みつつも、なんだかんだと楽しみに毎日観ているのですが、私の一番の注目の的は、
天才胸部外科長、チェ・ガングク先生でもなく、
天然くんレジデント、イ・ウンソンでもないのです。
なぜか、胸部外科のナンバー2(最初はナンバー3かな?)、キム・テジュン先生から目が離せません。
頭が良くて、立ち回りも上手く、有力者の娘と結婚している。感情を表に出さないクールな人。
しかし、天才や天然に肝心なところで適わなくて、内心メラメラぐるぐる苦悩しているキャラなのです。
本人にはポリシーがあってプライド高く自分にとっての正義を通しているのだけど、主人公サイドと相容れないので、物語の中では悪役になってしまうのですね。

医療系とは関係ないですが、私が今、一番毎週熱心に観ているドラマは「龍馬伝」。
こちらで私のハートを鷲づかみにしているのは、武市半平太。
毎週ぐるぐる苦悩して、自らの正義のため、過激で孤独な道をまっしぐらに進んでいます。

お、同じだわ…。(脱力)
な、なんとわかりやすい好みでしょう。
他に多くの人になじみ深いものだと、「ロード・オブ・ザ・リング」のボロミアなんかも思い出しますね。
なんかそういう人ってストイックな色気があるといいますか…。
下世話ですみません。
そういえば、編集さんに「杜野さんって男性キャラに対して結構サドですよね」と言われたことがあり、
その時は、「えー、そんなことないですよお」と答えたのですが…、
そんなことあったかもしれない。(今頃気づいたか)
まあそれはともかく、武市さんはもう少しで退場してしまいそうな気配。最後まで見守りたいです。

風邪は、喉はちょっときついですが、熱もないし、ひどくはならなさそうです。
心配してくださった方、ありがとうございます。
もう少しおとなしくしていようっと。
スポンサーサイト

眠れる森

先週まで、私の住んでいる辺りでは『眠れる森 A Sleeping Forest』というドラマが再放送されていました
中山美穂さん主演の1998年のドラマで、私、これがホントに好きなんです。
原作なしのオリジナル。すごく雰囲気のあるミステリー。
今回の再放送には途中で気づいたので、なんで一話目から観なかったんだ!と悔やむことしきり。
そこからは欠かさず観ました。やっぱり面白い!
このドラマはオープニング映像にもある仕掛けがしてあって、それも当時話題になりました。
(最終回にその種明かしエンディングがあります)
その映像のバックに流れるのが、主題歌の竹内まりや『カムフラージュ』。
放送が終わって一週間経つのに、ずっと脳内リピートが止まりません。
いつもなら2,3日で次の曲に変わってくのに、今回はしつこいなあ(笑)。
ドラマ内容にはすごく合ってるんですが、曲だけ取ると「彼がいるのに別の男に…」って内容の歌詞なので、知らないうちに口ずさんでいて赤面です。
でも、気持ちいいから歌うけども(笑)。

中山美穂さんの新作映画公開のためか、他の地方でも今、再放送されてたりするみたいですね。
今週から始まったところもあるとか。
そこに行って始めから観なおしたいです。

新・三銃士

NHKの人形劇「新・三銃士」が今日からスタートしました。
早速観ましたが、子供の頃に「新八犬伝」観ていたときの感覚を久しぶりに思い出す。
あ~、たまらん。
三谷幸喜さんも「新八犬伝」の大ファンだそうですが、観ていてそれがすごくわかります。
リスペクトの匂いがプンプンします。
私のワクワクは多分に郷愁も混じってますが、今の子供達が観て、リアルタイムでワクワクしてくれたら嬉しいなあ。(…って、私は三谷さんではないですが)
私は「モンテ・クリスト伯(巌窟王)」があまりに好きだったせいもあって、同じデュマ作品でも「三銃士」シリーズに対しては結構クールでした。
初めて読んだ子供の時は、登場人物がおじさんばかりで主人公もあまり格好良くないし(失礼)、夫のいる女性が他の男と…っていうのがわからん!(笑)とか思っていた。
三銃士の中で一押しはアラミス、やっぱり見た目きれいなタイプに惹かれた模様(笑)。
アニメ三銃士は残念ながら観ていなかったのですが…。
今日の第一回は、ロシュフォールがめっちゃ悪い男で、か、か、格好良いじゃないの!
子供の時はたいして眼中になかったキャラなので、おお!という感じです。
今回の人形劇、あらためてキャラの魅力に気づくいい機会かもしれません。
(今の私はむしろオヤジスキーなので、素直に楽しめそう)
ところで、子供の時から「三銃士」で一番好きなキャラはミレディーでした。
その辺の好みは子供の時から変わってないのね。(汗)
戸田恵子さんが、はまり役の予感! 登場が楽しみです。

コールドケース

仕事の参考にと観始めた海外ドラマ「コールドケース」が結構面白いです。
内容はもちろんなのですが、過去の未解決事件を捜査して真実にたどりつく…というドラマなので、毎回、BGMにその回の事件が起こった当時のスタンダードナンバーが使われていまして。
洋楽には疎い私でさえ耳に馴染みのある曲が多くて、ドラマに漂うノスタルジックな雰囲気が好きです。
(取り扱う事件はやはり80~90年代が多いので、曲もその頃の物が多いです)
ただ、曲の権利関係からか、ドラマDVDがなかなか発売されないとか。
いろいろ難しいのですね……。
私もケーブルとかでとにかく観られる物をいう状態なので、ただいま、第1シーズン、第4シーズン、第5シーズンのごった煮です。
人間関係行ったり戻ったりでちょっと混乱気味ですが、いつかコンプリートできたらいいなあ。

天地人 第26回

大河ドラマ「天地人」の第1回は、上杉景勝、直江兼続主従が大坂城で豊臣秀吉と対峙するシーンからスタート。
で、「こうなるまでを語りましょう」って感じで、さかのぼって子供時代から本編が始まったのですが。
今日の放送分で、ようやくこの第1回イントロのシーンにたどりつきました。
物語もかなりのところまで進んだということでしょう。

今のところ欠かさず観ていますが、何だろう、このドラマのこの感じ…、何かと似ている…?
あらかじめ「暴言すみません!」なのですが、なんか直江主人公の恋愛シミュレーションゲームっぽいような……。(わああ! 言っちゃった)
男の直江主人公ですが、あえて「乙女ゲーム」と言いたいところ。
主君・上杉景勝が本命として(えっ? 妻のお船の方では?)、それ以外にも既に、
同い年の知性派ツンデレくん 石田三成
年下のきかん坊くん     真田幸村
年上の天下人くん      豊臣秀吉
の3人をも攻略しましたよ。
(※直江を想って涙を流したら「攻略」としました(笑))
幼少時代には軍神様さえ直江を意識してたり、いろいろおいしすぎる~。
…ってこんな腐った見方をしてすみません。
そうだ、忘れちゃいけない。女子もしっかり攻略していましたね。
謎めいたくノ一のお姫さま 初音
都会的キャリアウーマン  お涼とか…
どっちにしろ、観れば観るほど、この感覚が止まらなくなってます。

そういえば、今回、私のご贔屓武将・小早川隆景も初めて出てきました。
このドラマではそんなに活躍シーンはないと思うのですが、今後が楽しみ。
上地くんが演じる小早川秀秋関係で多少出てきたりするのでしょうか。
多分、隆景は攻略キャラ(え?)ではないはずですが。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杜野亜希

Author:杜野亜希
少女マンガ描き。
ジャンルはミステリーが多いです。
メールはこちらまで
twitter

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
QRコード

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。